野菜・果物 ニュース詳細

2017.08.22 
一番茶の生葉収穫量5%減少 29年産一番茶の生産量一覧へ

 農水省は「平成29年産一番茶の摘採面積、生葉収穫量及び荒茶生産量(主産県)」をまとめた。

 これによると、主産県の摘採面積は2万8900haで、前年産に比べ400ha(1%)減少した。
 主産県の生葉収穫量は12万1100t、荒茶生産量は2万4400tで、いずれも前年に比べ6000t(5%)、1100t(4%)減少している。
 生葉生産量の減少は、3月から4月上旬の天候が低温・少雨で経過したことなどで、一部の県で新芽の生育が抑制されたためだという。
 荒茶の主産県に占める割合は、静岡県が45%、鹿児島県が32%となっている。

(関連記事)

収量に優れる緑茶新品種「せいめい」 農研機構(17.05.24)

〔164〕丹の国茶(17.03.14)

みかん・りんご・茶-栽培面積減少(16.10.19)

7茶種で 農林水産大臣賞(16.09.13)

横浜でお茶の苗で茶摘み体験 4月17日に(16.04.14)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ