野菜・果物 ニュース詳細

2017.09.05 
キュウリ、ピーマン、サトイモが高値に 農水省一覧へ

「野菜の生育状況及び価格見通し」(29年9月)

 農水省は、東京都中央卸売市場に出荷される野菜の生育状況と価格見通し(29年9月)について、主要産地から聞き取りを行い、その結果を公表した。

 現在の生育状況は次の通り
根菜類(だいこん及びにんじん):ダイコンの生育は平年並み。ニンジンは、生育期間を通じて、天候が良好に推移したことから、肥大が良好かつ大型傾向にある。
葉茎菜類(ハクサイ、キャベツ等):
ハクサイ、キャベツ、ほうれん草、レタスの生育は平年並み。ネギの生育は平年並みだが8月上旬以降の降雨により収穫が遅延している。
果菜類(キュウリ、ナス等):キュウリ及びピーマンは、7月下旬以降の日照不足に伴い肥大が遅延。また、8月中旬の日照不足に伴い着果数量が減少している。
 ナスは、7月下旬以降の日照不足に伴い肥大が遅延。トマトは、7月下旬以降の日照不足に伴い肥大及び着色が遅延。
土物類(バレイショ、サトイモ、タマネギ):バレイショの生育は平年並み。サトイモは、7月の干ばつに伴う生育の抑制が見られる。タマネギは、生育期間を通じて、天候が良好に推移したことから、肥大が良好。

 今後の生育、出荷及び価格見通し。記載は、△「9月の入荷シェア」( )書きは28年。△今後の生育及び出荷見通し。△価格見通し(平年(直近5か年平均)比)の9月前半と9月後半。
ダイコン:北海道(58%)、青森(36%)。北海道及び青森県において、生育が平年並みであるため、9月前半、後半とも出荷数量、価格ともに平年並みで推移する見込み。
ニンジン:北海道(91%)。北海道において、生育期間を通じて、天候が良好に推移したことから、肥大が良好かつ大型傾向となったため、8月の出荷数量は平年を上回り、価格は平年を下回って推移。この影響が残るため、9月も出荷数量は平年を上回り、価格は9月前半・後半ともに平年を下回る見込み。
ハクサイ:長野(94%)。長野県で生育が平年並みであるため、出荷数量、価格ともに平年並みで推
移する見込み。
キャベツ:群馬(79%)、岩手(10%)。群馬県及び岩手県で生育が平年並みなので出荷数量、価格ともに平年並みで推移する見込み。
ホウレン草:群馬(32%)、栃木(22%)、茨城(17%)。群馬県、栃木県、茨城県で生育が平年並みなので、出荷数量、価格ともに平年並みで推移する見込み。
ネギ:青森(24%)、秋田(18%)、北海道(15%)。青森県で8月上旬以降の降雨による収穫遅延のため、8月の出荷数量は平年を下回り、価格は平年を上回って推移。青森県で天候が平年並みに推移し、収穫作業が進めば、9月は出荷数量、価格ともに平年並みに回復する見込みで、9月後半の価格は平年並みで推移。
レタス:長野(82%)、群馬(11%)。長野県と群馬県で生育が平年並みなので、出荷数量、価格ともに平年並みで推移する見込み。
キュウリ:福島(28%)、群馬(12%)、岩手(11%)。福島県と岩手県で7月下旬以降の日照不足等に伴う肥大の遅れのため、8月の出荷数量は平年を下回り、価格は平年を上回って推移。天候が平年並みに推移すれば、肥大の遅れからの回復が見込まれるものの、岩手県では8月中旬の日照不足により、9月前半に収穫時期を迎える着果数量が減少したため、9月前半の出荷数量は平年を下回り、価格は平年を上回る見込み。
 9月後半に収穫時期を迎える着果数量が平年並みであるため、9月後半は出荷数量、価格ともに平年並みに回復する見込みだ。9月前半の価格は高値水準で推移し、後半は平年並みに回復。
ナス:栃木(31%)、群馬(29%)、茨城(20%)。栃木県と群馬県で7月下旬 以降の日照不足に伴う肥大の遅れのため、8月の出荷数量は平年を下回り、価格は平年を上回って推移した。8月下旬以降の天候の回復により、肥大が回復傾向であるため、9月は出荷数量、価格ともに平年並みに回復する見込み。価格は9月前半は平年並みに回復、後半は平年並みで推移。
トマト:福島(18%)、千葉(17%)、青森(14%)。福島県で7月下旬以降の日照不足等に伴う肥大及び着色の遅れのため、8月の出荷数量は平年を下回り、価格は平年を上回って推移した。天候が平年並みに推移すれば、肥大及び着色の遅れからの回復が見込まれるため、9月は出荷数量、価格ともに平年並みに回復する見込み。価格は9月前半は平年並みに回復し、後半は平年並みで推移。
ピーマン:茨城(39%)、岩手(33%)。茨城県と岩手県で7月下旬以降の日照不足に伴う肥大の遅れのため、8月の出荷数量は平年を下回り、価格は平年を上回って推移した。天候が平年並みに推移すれば、肥大の遅れからの回復が見込まれるものの、茨城県では8月中旬の日照不足により、9月前半に収穫時期を迎える着果数量が減少したため、9月前半の出荷数量は平年を下回り、価格は平年を上回る見込み。
 9月後半に収穫時期を迎える着果数量が平年並みなので、9月後半は出荷数量、価格ともに平年並みに回復する見込み。価格は9月前半は高値水準で推移し、後半は平年並みに回復
バレイショ:北海道(96%) 。北海道の生育が平年並みなので、出荷数量、価格ともに平年並みで推移する見込み。
サトイモ:千葉(71%)、埼玉(11%)。埼玉県では生育が平年並みだが、千葉県では7月の干ばつにより生育が抑制され、小玉での出荷が見込まれるため、出荷数量は平年を下回り、価格は平年を上回る見込み。価格は9月の前半、後半ともに高値水準で推移
タマネギ:北海道(90%) 。 北海道では天候が良好に推移し、肥大が良好であることから、出荷数量が平年を上回り価格は平年を下回る見込み。価格は9月の前後半ともに安値水準で推移。
 なお、「平年並み」とは、平年との比率が80%以上、120%未満であることを示している。

(関連記事)


秋冬野菜の収穫量4%減(17.08.31)


JAビル「ミノーレ」で福島夏野菜活用レシピを紹介 JA全中(17.08.21)


主要野菜の生育は平年並み(17.08.01)


【秋冬野菜の病害虫防除】病害虫の活動が活発に!(17.07.27)


野菜不足と7割が回答 「サラダ白書2017」調査結果(17.07.25)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ