野菜・果物 ニュース詳細

2017.11.07 
白菜もサラダで。サラダパックにみる冬野菜の新トレンド一覧へ

白菜を皿に盛ったサラダのイメージ 働く女性や忙しい人たちに人気の個食サラダパック販売で、国内最大シェアを誇る(株)サラダクラブから、冬野菜サラダの新商品が発売された。それが旬の紅芯大根や紫白菜などを使った「Select SALAD 紫白菜や大根」だ。
 日本ではこれまで白菜といえば、鍋に使うものと思われてきたが、実は冬の白菜はみずみずしく、カットの工夫次第でサラダでもおいしく食べられる。そこに目を付けたメーカーは、色とりどりの白菜、大根を使い、サラダとして食べることを提案している。
同社が食文化を把握するために実施しているアンケート調査では、好きな野菜の問いに、男女ともに7割以上が「白菜が好き」と答えている(「サラダ白書2013」より)。

(写真)サラダのイメージカット


好きな野菜・嫌いな野菜アンケート結果

(グラフ)好きな野菜・嫌いな野菜(サラダ白書アンケートグラフ)

 また、野菜を食べる理由の1位は「健康のため」であり、健康のために食べる野菜のベスト10に白菜がランキングされている。
http://www.saladclub.jp/know/hakusyo_2013_01.html
 そうした緻密なマーケティングのもと、同社のサラダパックが作られていることを考えれば、そこから消費者の嗜好もつかめる。
オレンジ白菜、紫白菜、紅芯大根...。使用食材から冬野菜トレンドの一端を知る、サラダパック。色彩豊かな冬野菜が、個食世代に受けている。

 

サラダクラブ 紫白菜や大根のパッケージイメージ「Select SALAD 紫白菜や大根」(57g/100円)
問い合わせ:株式会社サラダクラブ TEL.0120-662-831

(写真)商品パッケージのイメージ写真

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ