野菜・果物 ニュース詳細

2018.03.30 
野菜の生育状況と価格見通し 生育は軒並みほぼ回復傾向へ一覧へ

 農林水産省はこのほど、東京都中央卸売市場に出荷される野菜の生育状況と価格見通し(平成30年4月)について、主産地などから聞き取りを行い、その結果を公表した。

 ここ数年、天候不順により野菜の価格変動が大きくなっている中で、野菜の生育状況や価格の見通しを情報発信するため、同省では平成23年から主産地や卸売会社、中間事業者などから聞き取りを行いっている。なお、聞き取りを行った14品目の野菜の生育状況は同市場外で流通するものについても「同様の傾向」としている。
 それによると、ダイコンなどの根菜類は、11月中旬以降の低温で生育が低下し、平年よりも小ぶりとなったものの、3月上旬以降の気温の上昇で生育は回復傾向にあるとした。ニンジンの生育は平年並み。
 ハクサイやキャベツなどの葉茎菜類では、ハクサイ、ホウレンソウ、ネギの生育は平年並み。キャベツは11月中旬以降の低温で生育が低下、小玉傾向となったものの、3月上旬以降の気温上昇で回復傾向にある。レタスは同じく低温で生育が低下したが、3月上旬以降の気温の上昇に伴い、生育は回復傾向。
 キュウリやナスなどの果菜類の生育は平年並み。
 また、バレイショやサトイモ、タマネギなどの土物類では、バレイショは11月から2月にかけて天候が良好に推移したため大玉傾向。サトイモはすでに収穫が終了、貯蔵ものの出荷期間。タマネギの生育は平年並み。
 今後の生育、出荷と価格の見通しは次の表の通り。

今後の生育、出荷及び価格見通し

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ