野菜・果物 ニュース詳細

2018.05.07 
5月の野菜生育は平年並みに 農水省一覧へ

 農林水産省はこのほど、東京都中央卸売市場に出荷される野菜の生育状況や出荷、価格見通し(5月)について、主産地などから聞き取りを行い、その結果を公表した。

 それによると、根菜類のダイコンとニンジンの生育は平年並み。また、葉茎菜類のうち、ハクサイとレタスは3月上旬以降の気温の上昇により、生育が前進。キャベツは3月上旬以降の気温上昇により冬場の低温に伴う生育遅延から回復。ホウレンソウとネギの生育は平年並み。
 キュウリやナスなどの果菜類の生育は平年並み。土物類のうち、バレイショは生育期間の天候が良好に推移したため、生育は良好。サトイモとタマネギの生育は平年並み、という結果だった。
 今後の生育や出荷、価格見通しは次の表の通り。

野菜の生育状況及び価格見通し(平成30年5月)(上の画像をクリックすると大きな画像が表示されます。)

 

(関連記事)
29年産の春野菜収穫量は2%増、農水統計(18.04.26)
営農管理システム「Z-GIS」が運用開始 JA全農(18.04.24)
2月の野菜の生育状況と価格見通しを発表 農水省(18.02.01)
ダイコン、キャベツ、ハクサイなど高値(17.12.04)
キュウリ、ピーマン、サトイモが高値に 農水省(17.09.05)
6月の野菜価格平年並みの予想(17.06.05)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ