想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドPS:バスタ液剤210125
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

縁起酒をその日のうちに「立春朝搾り」 全国37都道府県44蔵で一斉開催2021年1月13日

一覧へ

(株)岡永が主宰する日本名門酒会は、早朝に搾った“縁起酒”をその日のうちに楽しむ特別な体験を提供する「立春朝搾り」を2月3日の「立春の日」に全国37都道府県44蔵で一斉に開催する。

全国の「立春朝搾り」全国の「立春朝搾り」

「立春朝搾り」は日本名門酒会が全国の協力蔵元に呼び掛け、地元の加盟酒販店と協力して行う地域ネットワーク共感活動。蔵元では立春当日に合わせて最高の状態で酒搾りができるよう、「大吟醸より神経を使う」杜氏泣かせの仕込みが行われる。

立春の日の未明に搾り上がった生原酒を地元の神社でお祓いし、造る人・届ける人・飲む人など「立春朝搾り」に関わる全ての人の無病息災、家内安全、商売繁盛と今年は疫病退散も祈願した「縁起酒」は、その日のうちに飲んでもらうため、早朝に酒販店が蔵元に訪れ、ラベル貼りなどの作業を手伝って持ち帰り、お客に届けるイベントだ。コロナ禍でも1本の「立春朝搾り」をとおして大切な人と繋がるため、全国37都道府県44蔵元で今年も開催する。

1998年に一蔵から始まった取り組みで、約4000本(720ml換算)でスタートして以来、年々大幅に数を伸ばし、2020年には28万8254本(720ml換算)を出荷。近年は類似企画も多く見受けられるようになったが、日本名門酒会の元祖「立春朝搾り」は今年24年目を迎え、37都道府県44蔵で開催。今回も28万本を超える出荷を予定している。

「立春朝搾り」は、純米吟醸または、特別純米 生原酒で720mlで1760円(税別)。

【「立春朝搾り」が買える店】

最新の記事

国際衛生SP:パナミエール

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る