想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
Z-GIS:ヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

増粘剤不使用米粉パン開発で「食の新潟国際賞」受賞 農研機構2021年1月13日

一覧へ

農研機構の食品研究部門食品加工流通研究領域食品素材開発ユニットの矢野裕之ユニット長が、第6回食の新潟国際賞・21世紀希望賞を受賞した。

21世紀希望賞を受賞した矢野裕之氏21世紀希望賞を受賞した矢野裕之氏

受賞対象はグルテンや増粘剤を原料に使用しない米粉パンの開発。

一般的なパンは小麦粉を主原料に製造され、米粉を主原料にパンを製造する際には、グルテンやグルテンの代わりになる増粘剤が配合される場合が多い。その中で今回の研究では、添加物やグルテンを使用せず米粉・水・イースト・砂糖・食塩・油脂(バターや菜種油)だけで簡便にパンを製造する技術を開発し、特許を取得した。

増粘剤やグルテンを原料に含まないパンが膨らむメカニズムを広島大学・ヴィレヌーヴ教授と共同研究した結果、このパンの発酵生地は、澱粉粒が発酵ガスを包み込んでシャボン玉のように膨らむ「微粒子型フォーム」であることを証明。この新規メカニズムを共同で国際誌に発表した。さらに民間企業との共同研究や特許の許諾を通じて、この技術を活用したホームベーカリーやパン製品として実用化された。

今回の受賞は、これらの研究業績が評価されたことによる。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る