JAの活動 ニュース詳細

2018.08.23 
監査法人への対応でセミナー 9月21日、新世紀JA研究会一覧へ

 新世紀JA研究会(代表=八木岡努・JA水戸組合長)は9月21日、第20回「新総合ビジョン確立のための危機突破・課題別第20回課題別セミナー」を開く。テーマは「監査法人の対応の現状とJAの監査契約のあり方」。農水省経営局協同組織課とJA東京中央、JAあいち豊田、JAしまねのリスク管理担当者および監査法人の公認会計士が報告する。

 同研究会の課題別セミナーは、これまでの19回、毎月行ってきたが、20回目からテーマを絞りこんで2か月ごとの開催となる。
 第20回セミナーの報告者と報告内容は次の通り。
▽「公認会計士監査移行にあたっての留意点」
 (農水省経営局協同組織課・日向彰課長)
▽「JAの体制整備の現状と課題・対策①」
 (JA東京中央リスク管理室・川島徹室長)
▽「同(2)」
 (JAあいち豊田リスク管理課・兵藤寿係長)
▽「同(3)」
 (JAしまねリスク管理部・澄田貴担当部長)
▽「会計監査人選定にあたっての評価ポイント」
 (有限責任監査法人トーマツJA支援室)。

 

詳細は次の通り。
 ○日時:平成30年9月21日、13時~17時30分
 ○場所:東京都渋谷区代々木2-10-12、JA東京南新宿ビル
 ○参加者:主にJA役職員
 ○参加費:1人2万円(会員は1万5000円)

 参加申し込みは9月18日までに下記へ。
 ○申込先:〒103-0013東京都中央区日本橋人形町3-1-15(一社)農協協会内「新世紀JA研究会」(根本)へFAXかメールで。
 ○FAX:03-3639-1120。
 ○E-mail:nemoto@jacom.or.jp

 

(関連記事)
【意見交換】資材価格の引き下げ 販売増と規模拡大へ(18.07.24)
「魚沼コシ」の誇り賭けて 「特A」奪還へ肥培管理徹底【駒形正樹・JA魚沼みなみ営農部長】(18.07.24)
JAと共同資材店 両者の強み生かす【木村泰行・アイアグリ(株)代表取締役社長】(18.07.11)
【覚醒】准組を必要とする事業を 農業参画促し農地を守る(18.07.01)
機能を絞りモデル農機 「所有」から共同利用へ【冨田健司・JA全農生産資材部長】(18.06.27)
どこへ行くJA! 危機突破・課題別セミナー 新世紀JA研究会(16.10.26)

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ