想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
Z-GIS:ヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

10月にJA浜中町でセミナー 新世紀JA研究会2019年8月22日

一覧へ

 新世紀JA研究会(代表=八木岡努・JA水戸組合長)は、10月10、11日、北海道のJA浜中町で、第27回のセミナーを開く。テーマは「持続的な農業・農村と未来ある酪農郷」食料基地北海道にあって酪農一筋の総合農協を貫くJA浜中町のあり方を学ぶ

 JA浜中町は北海道の東端にあり、夏季の冷涼な気候にマッチした牧草を主体とした酪農専業地帯である。160戸余りで年間約10万㌧の生乳を生産し、高い水準で品質管理を行うとともに高級アイスクリーム「ハーゲンダッツ」の原料供給地となっている。
 JAは「組合員の営農と生活を守り、地域社会の発展に貢献します」を理念に掲げ、取り組んでいる。今回のセミナーは、地域の総合農協の役割を考える機会とする。
 セミナーの内容は、JA浜中町代表理事会長の石橋榮紀氏の基調講演「農業改革とJA浜中町の取り組み」、(株)セコマ代表取締役社長の丸谷智保氏の講演「北海道の食とコンビニ展開の戦略」、現地視察(2日目)などとなっている。

【セミナー概要】
▽日時=10月10日13:30から11日14:30(釧路空港で解散)
▽場所=釧路センチュリーキャッスルホテル(釧路市)および浜中町
▽定員=120名(先着順。定員を超える場合は会員優先)
▽会費=(1)受講・宿泊・懇親会参加の場合、会員3万円、会員外3万5000円(2)受講・懇親会参加・宿泊なしは会員2万円、会員外2万5000円(3)受講のみは会員・会員外ともに1万円。

【申し込み・問い合わせ】
▽(一社)農協協会内「新世紀JA研究会」(根本宛て)(電)03-3639ー1121
▽参加申し込みは9月10日(火)までにJA浜中町新世紀JA研究会事務局(担当・木村)まで電子メールまたはファックスで。
 e-mail:kimura-m@ja-hamanaka.or.jp
 FAX:0153-65-2128
 TEL:0153-65-2121。

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る