農薬 ニュース詳細

2020.01.10 
農薬のリスクコミニュケーションで講演会  農薬工業会一覧へ

 農薬工業会は2月6日、東京都内で「農薬に関する情報交換会」を開催し、(公財)食の安全・安心財団理事長の唐木英明東京大学名誉教授が「農薬のリスクコミュニケーション─欧米の動向から風評発生メカニズムを検証する─」をテーマに講演する。

 日本では、食品の安全のための仕組みを定めた食品安全基本法が2003年に施行された。この仕組みは国際的にも認められている「リスク分析」という考え方を基本としている。

 この"リスク"とは、食品中のハザード(危害要因)が存在するために生じる健康への悪影響が起きる可能性とその程度を示すもの。また、"リスク分析"の考え方は、▽リスクの大きさを評価する「リスク評価」と▽その評価に基づいて予防・対応策を決める「リスク管理」▽関係者間で情報や意見を交換する「リスクコミュニケーション」の3本柱を枠組みとするシステムのことで、これらが相互に作用しあうことで食品の安全が守られ、安全性を確保する取り組みへの理解と安心が得られるというものだ。

 このうち「リスクコミュニケーション」とは、有害性やそれが発生する確率がどの程度ならば受け入れが可能なのか、また、受け入れ可能なレベルまでリスクを下げるためにはどうすればよいかについて、関係者相互の理解を深めて共に考えようというもの。しかし、実際のリスクと人々が感じるリスク(認知リスク)に差があるためにリスクの"認知ギャップ"が生まれる。そこで「自然由来の物質は安全で合成物質は危険」とか、「有害なものがほんの少しでも入っていたら危険」といった思い込みがあると、リスクコミニュケーションを難しくする要因となる。また、リスクコミュニケーションのタイミング、正確でわかりやすい表現による情報発信などの課題もあると指摘されている。

 今回で19回目となる情報交換会では、食の安全・安心財団の唐木理事長が、最新の欧米のマスメディアの動向なども含めたリスクコミュニケーションについて詳しく解説することになっている。
 概要は次のとおり。

▽日時 
 ○2月6日(木)
 ○14時30分〜16時30分(受付開始14時)
 ○14時30分〜16時 講演
 ○16時〜16時30分 質疑応答など

会場 コンファレンススクエアM+(エムプラス)1階「サクセス」
主催 農薬工業会
講師 (公財)食の安全・安心財団理事長 唐木英明・東京大学名誉教授
問い合わせ先 「農薬に関する情報交換会」事務局 (株)トークス内
 ○電話 03−3261−7715

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ