想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドPS:バスタ液剤210125
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

森林を守る普及アイデア募集「FSCアワード2020」受賞作品が決定2021年1月13日

一覧へ

全国の中学生と高校生からり森林を守るFSC︎マークの普及アイデアを募集した「FSCアワード2020」の受賞作品が決定。金賞は都内の中学校に通う5人組で、FSCジュニア・アンバサダーとして今年1年間、FSCマークの普及活動に取り組む。

オンライン審査の様子オンライン審査の様子

国際的な森林認証制度FSC(Forest Stewardship Council)の普及啓発を行うFSCジャパンは、森林破壊をはじめ環境や社会問題に対する関心が高い全国の中学生と高校生を対象に、「身近で出来るFSCマークの普及アイデア」を広く募集。一次審査を通過した10チーム・28人が参加して最終審査会をオンラインで行った。

主催のFSCジャパン、共催の朝日学生新聞社をはじめ、特別協賛の花王、キリンホールディングス、明星食品、明治ホールディングス、協力の日本サステナブル・ラベル協会の各代表者が、「日常性」「共感性」「実現性」など、6つの評価項目をもとに、最終審査を行い、金賞・銀賞・銅賞の各受賞作品を決定し発表した。

金賞を受賞したのは、絵本でFSCマークを広め動植物と共生できる未来を提案した、チーム「Nitobeアイビーズ」(新渡戸文化中学校)の髙橋ほのみさん(同3年)、大澤結穂さん(同3年)、伊藤奈子さん(同1年)、上野紫埜さん(同1年)、小林葉月さん(同1年)の5人。同作品は、各審査項目で、全審査員が高得点を付けた。金賞を受賞した同チームの5人は、FSCジュニア・アンバサダーに任命され、今年1年間FSCマークの普及に向けて、FSCジャパンと共に活動を行う。

各賞の受賞作品は次の通り。

金賞
・作品タイトル:森林破壊をSTOP
・受賞校名:新渡戸文化中学校/Nitobeアイビーズ
・受賞者名:髙橋ほのみさん、大澤結穂さん、伊藤奈子さん、上野紫埜さん、小林葉月さん

銀賞
・作品タイトル:私にも 森林保全 できるんだ~カードゲームでFSCマークに親しもう~
・受賞校名:山口県立萩高等学校
・受賞者名:松岡灯子さん

銅賞
・作品タイトル:楽しんでFSC認証を知ろう
・受賞校名:東京都立武蔵高等学校附属中学校
・受賞者名:竹田陽さん

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る