米・麦・大豆 ニュース詳細

2016.12.02 
JAびらとり ゆめぴりかコンテスト最高金賞受賞一覧へ

 ホクレンは11月29日、第2回ゆめぴりかコンテストを札幌市で開催。最高金賞を日胆(にったん)地区のJAびらとりが受賞した。

最高金賞を受賞したJAびらとり代表者ら。思わずガッツポーズ 「ゆめぴりか」のブランド力向上と最高級ブランド米育成を目指し開かれた。全道7地区(道南地区、後志地区、日胆地区、石狩地区、空知地区、留萌地区、上川地区)の地区コンテストを勝ち抜いた地区金賞受賞者の米が審査された。
 審査では審査委員8人が米を試食。もっとも評価が高かった日胆地区のJAびらとりの「ゆめぴりか」が最高金賞を受賞した。
 審査委員長の川村周三北海道大教授は「コンテストにでてきたゆめぴりかには『進化』という漢字をあてはめたい。農家の皆さんが努力して栽培技術を向上させ、努力を重ねて毎年進化しおいしくなっている」と評価した。
 また最高金賞を受賞したJAびらとり米麦改良協会の奥村俊也会長は「私たちはとても小さな産地ですが、北海道のゆめぴりかを全国一に育てようという気持ちで一生懸命がんばってきた。これを励みにいっそう品質がよくおいしいゆめぴりかの栽培を目指したい」と喜びを語った。
 最高金賞を受賞した「ゆめぴりか」は同賞受賞のシールが貼られ、道内では数量限定で12月10日ごろから一般販売される。全国では12月中旬ごろからこだわりの米穀店32店舗と北海道どさんこプラザ有楽町店で3合(450g)を販売する。
 JAびらとりの他、地区金賞を受賞した産地は次の通り。
▽道南地区  函館育ち
▽後志地区  JAようてい 蘭越地区
▽日胆地区  JAびらとり
▽石狩地区  JA北いしかり
▽空知地区  JAそらち南
▽留萌地区  留萌管内
▽上川地区  JAあさひかわ
(写真)最高金賞を受賞したJAびらとり代表者ら。喜びのガッツポーズ

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ