今日のヘッドライン

[JAの活動] ニュース

初の生産者ソムリエ JC総研が「食育」で認定

 食育ソムリエの資格認定を行っている一般社団法人JC総研はこのほど第22期および生産者コース1期の合格者82人を発表した。生産者のソムリエは今回が初めてで、14人のソムリエが誕生した。続きを読む…

最新ニュース

一覧はこちら

一品厳選
〔131〕フィルターインボトル・一煎パックセット(16.05.26)
JAの活動
初の生産者ソムリエ JC総研が「食育」で認定(16.05.26)
JAの活動
JA全青協の新執行部が発足(16.05.26)
金融・共済
「3つの顔」強化に向け本部制を導入-農林中央金庫(16.05.26)
金融・共済
500億円規模の新たな出資枠設定-農林中央金庫(16.05.26)
食品流通
ファーストフード好調続く 4月度外食市場動向まとめ(16.05.26)
農政
農業女子PJレター♯20発行(16.05.26)
肉・卵・乳製品
輸入条件満たさない アイルランド産牛舌を確認 厚生労働省(16.05.26)
人事・機構改革
【役員人事】農林中央金庫(6月24日付)(16.05.26)
人事・機構改革
前社長、故川端世輝氏 7月25日に「お別れの会」 デンカ(16.05.26)
一品厳選
〔130〕寒茶(16.05.25)
JAの活動
総代会を分かりやすく(16.05.25)
農政
1月の降雪と低温で農作物被害55億円(16.05.25)

一覧はこちら

最新の企画記事

一覧はこちら

シリーズ

[JAの活動] ヒント&ピント ~JAの広報誌から~

総代会を分かりやすく

 各JAとも5月は通常総代会(総会)の時期だ。平成27年度の事業報告と28年度の事業計画を決める重要な総代会である。当然ながら、組合員に広く知ってもらうため、各JAとも広報誌で取り上げている。しかし、数字の並んだ総会資料を分かりやすく紹介するのはなかなか難しい。いくつかの広報誌から広報担当者の工夫をみる。

特集

[農政] 平成27年度農業白書

見えるか? 未来の食と農 「白書」らしい分析力を 田代洋一 大妻女子大学・横浜国立大学名誉教授

 政府は5月17日の閣議で27年度食料・農業・農村白書を了承し、同日、公表した。巻頭特集はTPP大筋合意とその関連対策を取り上げた。また、本文では各章ごとに重点テーマを初めて設定し「食料自給力指標」、「輸出促進」などがあがっている。27年度白書をどう読むか。田代洋一大妻女子大・横浜国大名誉教授が分析した。

コラム

[コラム] 正義派の農政論

野党は参院選で統一候補ブームを起こせ

 参議院選挙が2か月後に迫った。
 勝敗に大きく影響する1人区は32あるが、先週末の時点でみると、野党は29の選挙区で統一候補を立てることを決めたようだ。マスコミは、全ての1人区で野党が統一候補を立てるめどが立った、と伝えている(昨日の「朝日」)。
 政治の活性化のために歓迎したい。
 これまで、1人区に野党候補が2人以上立候補し、共倒れになることが多かった。しかし、統一候補になれば共倒れはなくなり、野党の当選者が増える。
 いったい、どれほど増えるか。

コラム

[コラム] 目明き千人

【コラム・目明き千人】農政の責任者は週刊誌の記者か

 与党の農林部会長殿が農協批判で週刊誌並みの発言をしている。農協の生産資材が業者やホームセンターより高いので実態を調査して是正処置をとる、の事実の無知ぶりを水田用肥料でみてみよう。

コラム

[コラム] 森田実の政治評論

【コラム・森田実の政治評論】日本の指導層のモラル崩壊の背景

 「利して利する勿れ」という言葉は有名ですが、最近はあまり使われません。この言葉の意味は「政治にたずさわる者は国民の利益をはかることのみに専念すべきであって、いやしくも自分個人の利益をはかるようなことをしてはならない」ということです。
 周公旦は3000年前の古代中国の政治家です。孔子よりも5百年ほど前の賢人政治家です。孔子はこの周公旦の考えを継承しました。孔子と同時代の思想家・老子は、よりきびしい指導者の倫理を主張しました。私は、現在においても、政治にたずさわる者は、この周公旦の言葉を守るべきだと考えています。

一覧はこちら

一品厳選

一覧はこちら

フィルターインボトル・一煎パックセット

フィルターインボトル・一煎パックセット

【JAしみず(静岡県)】

 「清水港の名物」として歌われた清水のお茶。ペットボトルのお茶しか飲んだことがないという人のためにJAが作った商品である。水と茶葉を入れておくだけでおいしい冷茶を作れる。一煎パックをセットしてあるので、分量が分からなくても簡単。手軽に持ち運びもできるので、作り置きして急な来客にも対応できる。

詳細はこちら

寒茶

寒茶

【JAかいふ(徳島県)】

 冬に摘み取る茶である。徳島県宍喰町には古くから、田畑の脇や果樹の下などで自生した茶を真冬に摘むと一番おいしいといわれ、農家で加工し、家族で愛飲してきた。カフェインやタンニンが極端に少ないので、苦み、渋みがあまりなく、胃にやさしく、まろやかで飲みやすい。

詳細はこちら

さざえカレー

さざえカレー

【JAしまね(島根県)】

 山陰沖の日本海に浮かぶ隠岐群島。その中でも海士町は魚介類に恵まれた豊かな海が自慢。さざえもその一つで、島の人は以前から、どこでも採れる新鮮なさざえを、カレーに入れて当たり前のように食べていた。

詳細はこちら

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ