今日のヘッドライン

[JAの活動] シリーズ

マイナス金利で破綻 職員の意識改革が急務【池田正・JA土浦代表理事組合長】

 JA信用事業の代理店化(信用事業分離)について、農林中金では平成31年5月を目途に組織討議を行い、この問題に対する態度を明らかにしたいとしています。そこで今回は、一段と厳しさが増す信用事業の環境の下で、JAから信用事業の現状と課題、代理店化についての意見を発表してもらいます。続きを読む…

注目の情報

【特集・農協改革を乗り越えて-農業協同組合に生きる 明日への挑戦-】のまとめ

【建前→本音 政治・行政用語の変換表】 鈴木宣弘 東京大学教授

【インタビュー木下小次郎・日産化学工業(株)社長】地域農業の特色を活かしたビジネスモデルを(前半)

【米のマーケット情報】熊野孝文・(株)米穀新聞社記者

【インタビュー・石破茂・自民党衆議院議員に聞く】農業の潜在力がこの国を創る

信頼される人間関係を構築―DiSC研修

抽選で20名様に タキイ種苗の花カレンダープレゼント!(※ご応募は12月25日まで)

最新ニュース

一覧はこちら

コラム
丁寧・真摯に説明する=強引・姑息にごまかす(17.12.14)
JAの活動
マイナス金利で破綻 職員の意識改革が急務【池田正・JA土浦代表理事組合長】(17.12.14)
JAの活動
信用リスクを軽減 運転資金は借り入れに【広岡隆明・農林中央金庫JAバンク経営指導部部長】(17.12.14)
JAの活動
【覚醒】「排除」をアウフヘーベン 准組合員対策の本質(上)(17.12.14)
栽培技術
イチゴ苗病害虫防除装置を小型化 農研機構(17.12.14)
食品流通
Aコープ九州とAコープ佐賀が合併(17.12.14)
コラム
モッタイナイ精神とJA全農の沈黙(17.12.13)
JAの活動
予約積上げで肥料価格最大3割引下げ実現(17.12.13)
コラム
【読書の楽しみ】第21回(17.12.13)
JAの活動
水稲除草剤 29年度340品目に削減-JA全農(17.12.13)
米・麦・大豆
29年産米価格 前年比108%(17.12.13)
農政
宮城県大崎地域が世界農業遺産に-FAO(17.12.13)
JAの活動
「ごはん・お米とわたし」作文・図画コン受賞者決定 JA全中(17.12.12)

一覧はこちら

 

一品厳選

一覧はこちら

ハマッ子チーズ

ハマッ子チーズ

【JA横浜(神奈川県)】

 JA横浜の組合員である「小野ファーム」の生乳を使用した正真正銘の横浜産チーズ。農産物直売所「ハマッ子」は同JAの農産物でもあり、地場産にこだわり、消費地のど真ん中にあることから、組合員の生産した農畜産物は、幅広く扱う「一括販売」に特徴がある。

詳細はこちら

野菜を主役にしたカレー

野菜を主役にしたカレー

【JA東京むさし(東京都)】

 東京都内といっても、まだ農地が多く残るJA東京むさし管内で(三鷹市・小平市・国分寺市・小金井市・武蔵野市)で採れたジャガイモ、ニンジン、タマネギ、ナス、ホウレンソウ、トマトなど、新鮮な野菜とたっぷり使ったカレー。大手食品メーカーとコラボで、カレーと相性のよいルウを使用。

詳細はこちら

七草がゆセット

七草がゆセット

【JAあいち豊田(愛知県)】

 愛知県豊田市の松平地区は徳川家康生誕の山間いの地。30年以上前から春の七草を栽培・出荷している県内で有数、かつ歴史のある産地。特に清水を利用したセリの産地として知られており、ボリュームのあるセリをはじめ、品質のよい七草として人気がある。

詳細はこちら

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ