今日のヘッドライン

[農政] 特集

提言・食料難の経験 きちんと伝える【鈴木 宣弘・東京大学教授】

 自給率の向上と食料安全保障の確立を強調すると日本では農業保護論だと的外れな批判をする向きもあるが、実際、欧米諸国は農業保護を国家安全保障の要として位置づけている。国民にその重要性への理解をどう広めるべきかも含め、鈴木宣弘東大教授に提言してもらった。続きを読む…

◆西日本豪雨の被害を受けられた皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

 

注目の情報

【JA人事】JA人事情報まとめページ(7月18日更新!)

第40回農協人文化賞受賞者 わが体験と抱負(7月19日更新!)

~いま伝えておきたい 私の農協運動~ 第1回【須藤 正敏・JA東京中央会会長】

問われる将来の食料生産力 農業犠牲の交渉でいいのか【田代洋一・横浜国大名誉教授】

ブックガイドを更新。農薬製品の研究開発やマーケティング担当者におすすめの1冊!

信頼される人間関係を構築―DiSC研修

最新ニュース

一覧はこちら

コラム
【原田 康・目明き千人】時代の流れ(18.07.22)
JAの活動
【一般文化部門受賞】常に農家組合員と共に 新田靖・JA三次代表理事組合長(18.07.20)
JAの活動
【一般文化部門受賞】組合員と向き合い対話 久保 薫 ・JAふくおか八女 前代表理事組合長(18.07.20)
JAの活動
【一般文化部門受賞】「人材は宝」モットーに 菅野 幸雄・JAえひめ中央 経営管理委員会会長(18.07.20)
農政
提言・食料難の経験 きちんと伝える【鈴木 宣弘・東京大学教授】(18.07.20)
農薬
【現場で役立つ農薬の基礎知識2018】秋冬野菜の病害虫防除のポイント(18.07.20)
人事・機構改革
【人事異動】会長に中西JA徳島中央会会長-JA全国共済会(18.07.20)
金融・共済
平成30年7月豪雨損害状況 JA共済連(18.07.20)
金融・共済
大阪北部地震建更受付件数2万6171件 JA共済連(18.07.20)
コラム
【三石誠司・グローバルとローカル:世界は今】(091)会社名と業務内容がつながらない...(18.07.20)
農機・資材
最新の技術に20万人超 国際農業機械展 in 帯広(18.07.19)
コラム
【酒井惇一・昔の農村・今の世の中】第12回 「えやす」と礼節(18.07.19)
農政
村の「教育力」が地域を変える 中山間地域フォーラム(18.07.19)

一覧はこちら


一品厳選

一覧はこちら

玉ねぎドレッシング

玉ねぎドレッシング

【JAさがみ(神奈川県)】

 JAの「営農・経済改革プラン」の「販売力の強化に向けた取り組み」のため、平成28年度から設けたタマネギプロジェクトが開発したオリジナル商品。プロジェクトの狙いは、地場産タマネギが品薄となる8月以降に地場産タマネギを販売するための貯蔵方法を確立することだが、同時に下級等級品に付加価値をつけて、生産者の所得向上をめざすところにある。

詳細はこちら

三ヶ日みかんようかん

三ヶ日みかんようかん

【JAみっかび(静岡県)】

 三ヶ日みかんの主力品種「青島」の濃縮果汁と、国産豆の餡を使った、ちょっとぜいたくなプレミアム羊羹。一口サイズで食べやすく「餡とみかん果汁の相性がよく、さっぱりとした甘さに仕上がっている。同JAのみかん加工品はジュースやゼリー、アイスなどのほか、菓子の原料にも使っている。

詳細はこちら

はっさくゼリー

はっさくゼリー

【JA尾道市(広島県)】

 はっさく(八朔)は1860年ころ、広島県因島田熊町にある「恵日山浄土寺」の境内で発見された品種である。因島には多くの種類の雑柑があったが、その理由として、気候が温暖で柑橘の生育に適するほか、東南アジアまで勢力を広げた村上水軍が、遠征先から苗木や果実を持ち帰ったといわれる。

詳細はこちら

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ