今日のヘッドライン

[JAの活動] 特集

【農業協同組合が目指すもの】中家徹JA全中会長が語る【1】「地域を支える自信と誇り 協同組合運動者の気概発揮を」

 発足以来65年の歴史を持つJA全中が、この秋、「一社全中」として再スタートを切った。JAグループの代表機能や指導・調整機能などを発揮してきたこの組織の転換期にあたり、JAグループの代表である中家徹会長のこれまでの農協運動の歩みや、変革期の先頭で奮闘する会長の思いなどを大金義昭氏が聞いた。続きを読む…

<注目の情報>

【特集】第5回 営農・経済フォーラム 営農・経済事業の収益力向上へ

【特集】食料・農業・地域の未来を拓くJA新時代

【緊急特集・JA対話運動】まとめ

最新ニュース

一覧はこちら

【農業協同組合が目指すもの】中家徹JA全中会長が語る【1】「地域を支え…(19.10.14)
【農業協同組合が目指すもの】中家徹JA全中会長が語る【2】共同販売は農…(19.10.14)
【花ちゃん・消費者の目】「ゲノム編集」食品の安全性は?(19.10.12)
【歴史が証言する農協の戦い】原発事故と戦った福島の協同組合間連携【1】…(19.10.11)
【歴史が証言する農協の戦い】原発事故と戦った福島の協同組合間連携【2】(19.10.11)
【歴史が証言する農協の戦い】原発事故と戦った福島の協同組合間連携【3】(19.10.11)
【提言:農業協同組合に望むこと】藻谷浩介 日本総研主席研究員 地域内循…(19.10.11)
【防除学習帖】第22回 雑草防除の基礎知識<2>(19.10.11)
【今さら聞けない営農情報】第22回 土壌の改良(6) 窒素(19.10.11)
【豚コレラ】ワクチン接種へ 新たな防疫指針-農水省(19.10.11)
【豚コレラ】46例目 埼玉で確認(19.10.11)
仏ロワール・エ・シェール県の家きんなど一時輸入停止(19.10.11)
食品製造業HACCP導入途中含め6割強  日本公庫調査(19.10.11)
国際シンポ「気候変動と農業ビジネス」 農水省(19.10.11)
【三石誠司・グローバルとローカル:世界は今】(151)複雑さと簡単さ、…(19.10.11)
【ホクレンの100年-1】食料基地・北海道農業を支え農と食の未来を担う…(19.10.10)
【ホクレンの100年-2】内田和幸ホクレン会長に聞く 生産基盤守り次代…(19.10.10)
【緊急特集:日米貿易協定】畜産農家の意欲に水差すな 坂下栄次JAこばや…(19.10.10)
国体会場で「さつまいもかりんとう」販売 JAなめがたしおさい(19.10.10)
【近藤康男・TPPから見える風景】合意に値しない合意と協定に値しない協…(19.10.10)
【酒井惇一・昔の農村・今の世の中】第72回 かつての高利貸しと農民(19.10.10)
農機具売却時に新たな選択肢 農総研とマーケットエンタープライズが業務提…(19.10.10)
世界初、次世代農業のためのリモートセンシング専用ドローン発売 DJI(19.10.10)
「食料自給率」向上は「国家安全保障」に必須【藤井聡・京都大学大学院教授…(19.10.09)
【緊急特集:日米貿易協定】日米貿易協定に思うこと ― How dare…(19.10.09)
日米協定で10日に集会-全国共同行動実行委(19.10.09)
JA全中動静(2019/9/30~10/6)  (19.10.09)
第18回日本農学進歩賞の受賞者が決定(19.10.09)
金融との相互依存 再構築を JCA 協同組合の「総合性」で研究会(19.10.09)
世界農業遺産に3地域の認定を申請 農水省(19.10.09)
西日本向けの水稲新品種「さとのつき」育成 農研機構(19.10.09)
サツマイモと言えばいばらき ギネス挑戦も  茨城県ニュースレター(19.10.09)
【小松泰信・地方の眼力】評価できないものに尻尾は振るな(19.10.09)
【インタビュー】姜尚中東京大学名誉教授 個性ある地域社会 協同組合で実…(19.10.08)
【豚コレラ】群馬 野生イノシシ陽性3例目を確認(19.10.08)
【豚コレラ】予防ワクチン 全国規模で-埼玉県知事が要望(19.10.08)
国産の最高級牛肉・豚肉の試食が無料 東京食肉市場まつり2019(19.10.08)
台風15号でトマトの10月前半高値も後半は平年並み(19.10.08)
農場HACCP認証、3農場を追加 中央畜産会(19.10.08)
地域団体商標「みっかび牛」を支える「三ヶ日みかん」(19.10.08)

一覧はこちら

一品厳選

一覧はこちら

大根ぽんず

大根ぽんず

【JAあおぞら・鹿児島県】

 「鹿児島黒牛・黒豚のおいしいお肉をさっぱり食べたい」との思いで開発。当初は大根とタマネギの2種類でステーキソースを作ったが、ステーキだけでなく、ほかの肉料理にも合うものを、ということで、7年前から改良を重ねてきた。

詳細はこちら

かりんとう

かりんとう

【JAあまくさ・熊本県】

 JAあまくさ女性部倉岳支部の「なのはな加工グループ」の逸品である。メンバー8人が地産地消にこだわり、味噌や漬け物などを製造している。

詳細はこちら

直火焼カレールー

直火焼カレールー

【JAほくさい・埼玉県】

 管内の小麦農家の所得を増やすため、地元産小麦(あやひかり)に限定したカレールーである。大きな釜で小麦を炒め、乾燥野菜、果実、スパイスなどの材料を加え、練り上げてつくる。

詳細はこちら

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ