今日のヘッドライン

[農薬] ニュース

共同ドローンビジネス開発で独占契約-バイエルクロップサイエンス

 バイエルクロップサイエンスとXAG、XAIRCRAFTJAPANの3社は11月19日、日本市場でドローンを活用した共同事業開発の独占契約を締結した。今後3社は日本市場や生産者の要望に応じて、農業経営の効率化、安定化につながるドローン活用の技術開発と販売に取り組む。 続きを読む…

◆平成30年北海道胆振東部地震で被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

 

<注目の情報>

行事・イベント情報 2018年 (11月19日 8時30分更新!)

【JAcom緊急調査】30年産米全国JA調査 まとめ

【緊急特集:TPP11 12月30日発効】まとめページ (11月7日 10時52分更新!)

農業の新しい時代に対応 Z-GISの活用を促進 JA全農営農管理システム操作研修会

信頼される人間関係を構築―DiSC研修

 

<プレゼント企画>

タキイ種苗 2019年たねぢからカレンダーをプレゼント! ご応募は11月29日まで!

 

<イベント企画>

12月8日(土)第28回農協研究会
 報告者1:比嘉政浩(JA全中専務理事)、報告者2:後藤彰三(農林中央金庫専務)、司会:白石正彦(東京農業大学名誉教授)

最新ニュース

一覧はこちら

農薬
共同ドローンビジネス開発で独占契約-バイエルクロップサイエンス(18.11.19)
コラム
【森島 賢・正義派の農政論】外国人労働者の受け入れで賃金が下る(18.11.19)
農政
農地バンク運営見直しへ 農水省(18.11.19)
農政
備蓄米の運用改善など米の需給対策が課題(18.11.19)
農政
防疫措置が完了-岐阜の豚コレラ(18.11.19)
米・麦・大豆
31年産輸出用米推進マッチングイベント 農水省(18.11.19)
農政
農業気象データ利用でシンポ 農研機構(18.11.19)
JAの活動
新潟の旬の農産物販売「みのりみのるマルシェ」 JA全農(18.11.19)
JAの活動
新潟県産の高級西洋ナシ「ル レクチェ」21日販売解禁 JA全農にいがた(18.11.19)
栽培技術
農業技術革新・連携フォーラム2018 農研機構(18.11.19)
農政
食の安全・信頼でシンポ SOMPOリスクマネジメント(18.11.19)
食品流通
5割が通信費節約したい 2018年度全国生協組合員意識調査(18.11.19)
コラム
【童門冬二・小説 決断の時―歴史に学ぶ―】泣いて慕う門人を突き放す 大原幽学(18.11.18)

一覧はこちら


一品厳選

一覧はこちら

「しわもちもち牛のみそハヤシ」レトルトパック

「しわもちもち牛のみそハヤシ」レトルトパック

【JAいわて中央(岩手県)】

 JA管内の女性畜産農家でつくる「いわて中央牛愛女子会」がJAのブランド牛「しわもちもち牛」をPRするために考案した商品。

詳細はこちら

ア・ラグジュアリー

ア・ラグジュアリー

【JA福岡市(福岡県)】

 福岡市はいちごの人気ブランド「あまおう」の産地。このいちごの抽出エキスを使った、文字通りラグジュアリー(ぜいたく)な化粧品。いちごはビタミンCやカリウム、食物繊維をたっぷり含み、美肌や風邪の予防、疲労回復などに効果がある。「口に入れるものと同じように、鮮度のよい原料で消費者に安心してもらいたい」という思いから、新鮮なままでフリーズドライ化してエキスを抽出した。

詳細はこちら

ミカンジュース「緑碧の滴」

ミカンジュース「緑碧の滴」

【JAかながわ西湘(神奈川県)】

 地元産の摘果ミカンと青切りの早生ミカンを絞ったジュースで、JAかながわ西湘の女性部鍛冶屋支部が製造する。

詳細はこちら

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ