今日のヘッドライン

[JAの活動] ニュース

JA全青協 新体制が発足 政策提案に力

 JA全青協(全国農協青年組織協議会)は5月22日の総会で新役員が就任するとともに、令和元年度の活動計画などを決めた。23日には新役員が記者会見した。続きを読む…

<注目の情報>

【緊急特集・JA対話運動】まとめ

【JA全農自己改革実践レポート】連載にあたって

【JAの活動】 Z-GIS公式ウェブサイト開設!

信頼される人間関係を構築―DiSC研修

【JA人事】JA人事情報2019まとめページ

最新ニュース

一覧はこちら

JA全青協 新体制が発足 政策提案に力(19.05.24)
【防除学習帖】第5回 病害の防除方法(19.05.24)
【今さら聞けない営農情報】第5回 肥料価格に影響する国際市況の数々(19.05.24)
【リレー談話室・JAの現場から】対話できていますか 組合員の声を2倍聴…(19.05.24)
【三石誠司・グローバルとローカル:世界は今】(132)高齢者と非合法労…(19.05.24)
農文協「それでも『ふるさと』」が産経児童出版文化賞受賞(19.05.24)
農業への直接参入でセミナー 新世紀JA研究会(19.05.24)
野菜生活100 Smoothieに甘夏スムージーMix新登場 カゴメ (19.05.24)
六本木ヒルズに1日限りの「六本木牧場」が登場 中央酪農会議(19.05.24)
【JA全国女性協 加藤和奈新会長に聞く】「農と食」の大切さ発信 SDG…(19.05.23)
【現場で役立つ農薬の基礎知識2019】ミカン 病害虫防除のポイント 発…(19.05.23)
【覚醒】自民党の選挙公約と准組対策(19.05.23)
【酒井惇一・昔の農村・今の世の中】第53回 遊びから始まる田畑の手伝い(19.05.23)
絵袋種子「実咲」2019 年秋の新商品発売 サカタのタネ(19.05.23)
毎日食べ続けられる「おいしいヨーグルト」 生活クラブ(19.05.23)
農薬出荷量は前年度比95% 2019農薬年度3月末出荷実績(19.05.23)
「BG無洗米」取り組みを世界に発信 NHK WORLDで放映(19.05.23)
経常利益 27%減の1245億円-農林中金決算(19.05.23)
日米FTAの危険を訴える 緊急集会(19.05.23)
当期純損益25億円 共栄火災2018年度決算(19.05.23)
【人事異動】共栄火災海上保険(役員)(19.05.23)
豚コレラ ネズミやハエが媒介の可能性-農水省検討会(19.05.22)
【意見交換会】「振興クラブ」具体化を SDGsの視点も加え(19.05.22)
【小松泰信・地方の眼力】大義を大儀がらずに考える(19.05.22)
【森田実の政治評論】「令和元年夏衆参同日選挙」論に振り回され国民から遊…(19.05.22)
【リレー談話室・JAの現場から】家庭訪問活動 30数年実行して思うこと(19.05.22)
【坂本進一郎・ムラの角から】第9回 日本の農民は二級国民でいいのか(19.05.22)
FMC次期社長に平井氏 披露パーティ開催(19.05.22)
30年産米 1万5000円台で横ばい-相対取引価格(19.05.22)
切り花類の出荷量 前年比5%減 農林水産省(19.05.22)
りんごの収穫量は、前年比3%増 農林水産省(19.05.22)
みかんの収穫量4%減 農林水産省(19.05.22)
【JA人事】JAやまがた(山形県)新組合長に岡崎輝明氏(5月14日)(19.05.22)
第41回 農協人文化賞の受賞者決まる(19.05.21)
グローバリズムに対抗-家族農業に新潮流(19.05.21)
【報告1】家族農業でSDGs実現を 村田武・九州大学名誉教授(19.05.21)
【報告2】転換するEU共通農業政策 平澤明彦 農林中金総研基礎研究部長(19.05.21)
【報告3】エネルギー兼業を実現 ドイツの家族経営 河原林孝由基 農中総…(19.05.21)
「食」で農業支える准組 強み生かし事業モデルを(19.05.21)
新年度の意気込み示す(19.05.21)

一覧はこちら

一品厳選

一覧はこちら

手作り味噌「味の蔵」

手作り味噌「味の蔵」

【JAみやぎ亘理(宮城県)】

 管内の大豆「ミヤギシロメ」とうるち米「ひとめぼれ」を 使い、風味豊かに仕上げた逸品。ミヤギシロメは宮城県発祥の品種で、亘理町に隣接する岩沼市の在来種を宮城農業試験場で育成した。大豆の生産量が北海道に次いで全国第2位の宮城県の奨励品種となっている。  大粒で甘く、煮豆や豆菓子などに適し、また名前の通り目(ヘソの部分)が白く、黒目の大豆と違って目立たないことから、味噌などの加工にも適する。自然の味を追求し、塩分は12%に控え添加物は一切使わない。

詳細はこちら

「津久井在来大豆」製品

「津久井在来大豆」製品

【JAはだの(神奈川県)】

 「津久井在来大豆」は相模原市緑区の千木良地区を中心に古くから栽培されていたが、輸入大豆に押されて減少し、「幻の大豆」と呼ばれてきた。復活させるため平成20年、「かながわブランド」に認定。甘さを活かした加工品が増えている。

詳細はこちら

米粉かれーるー・はやしるー

米粉かれーるー・はやしるー

【JAみどりの(宮城県)】

 食物アレルギーの人にも安心なカレーとハヤシのルー。「安全・安心な農産物の提供」をコンセプトに、主原料の小麦粉に代えて、JAみどりの産「まなむすめ」(米粉用)を使い、卵や小麦などの「特定原材料」7品目と、大豆や鶏肉などの「特定原材料に準ずるもの」20品目を含まない。

詳細はこちら

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ