今日のヘッドライン

[JAの活動] ニュース

SDGsの取り組み確認 JA改革の後押しを JA全国女性大会

 JA全国女性大会が1月23、24の両日、東京都内のホテルで開かれた。JA女性組織の活動体験報告やフレミズの作文コンクールの最優秀賞発表、事例発表、記念講演などのほか、第64回目となる今回の大会では、今年度から始まる3か年計画を決めた。 続きを読む…

<注目の情報>

飛躍する「くまもと農業」

自給率38% どうするのか?この国のかたち - 挑戦・地域と暮らしと命を守る農業協同組合

【緊急特集:TPP11 12月30日発効】まとめページ (1月8日更新!)

農業の新しい時代に対応 Z-GISの活用を促進 JA全農営農管理システム操作研修会

信頼される人間関係を構築―DiSC研修

 

<開催のお知らせ>

1月24日、元外交官・評論家の孫崎享氏が講演

2月16日、全農・JA共済の自己改革の取り組み状況で研究会

最新ニュース

一覧はこちら

JAの活動
SDGsの取り組み確認 JA改革の後押しを JA全国女性大会(19.01.24)
コラム
【酒井惇一・昔の農村・今の世の中】第37回 新年には「不適切」な話?(19.01.24)
農政
「アレルギー性疾患の予防と治療の最前線」で講演会(19.01.24)
農政
農業情報を無料で提供 農業JAPAN(19.01.24)
農政
農産物輸出8139億円に、だが実態は? 2018年1月~11月(19.01.24)
農政
旬の"金美人参"使用し春季限定サラダ発売 サラダクラブ(19.01.24)
JAの活動
「アグリあなんの実り」(徳島) 銀座三越で開催(19.01.24)
JAの活動
JA横浜と実需者が農産物取引プラットホームを活用(19.01.24)
農政
福島で「GAPチャレンジセミナー」開催(19.01.24)
肉・卵・乳製品
食肉関連業務のステップアップに 全国食肉学校がセミナーを実施(19.01.24)
食品流通
2168社・団体が参加し今年も開催 スーパーマーケット・トレ―ドショー2019(19.01.24)
コラム
【小松泰信・地方の眼力】スマート農業とスワロー農業(19.01.23)
JAの活動
JA全中動静(2019/1/14~1/20)(19.01.23)

一覧はこちら

一品厳選

一覧はこちら

シロップ

シロップ

【JA東とくしま(徳島県)】

 徳島県には全国に誇る香酸柑橘のゆず、すだち、ゆこうの3つがある。その大半がJA東とくしま管内を産地とする。同JAはこれに、やはり管内の小松島市が産地の山ももを加え、4種類のシロップを作っている。「香りゆず、酸味すだち、味ゆこうと」とも言われ、特にゆこうは、ゆずやすだちにくらべて独特の甘味とまろやかさがあり、徳島県でもあまり作られていないので、「幻の果実」とも呼ばれる。

詳細はこちら

穂先タケノコ水煮

穂先タケノコ水煮

【JAふくおか八女(福岡県)】

 JAふくおか八女管内は、全国でも有数のタケノコ産地。普通、タケノコは春先に地中から掘り取るが、この穂先たけのこは、5月の連休明けころ、2mくらい伸びたタケノコの先端部分を収穫する。地中のタケノコに比べと、柔らかくて風味があり、歯切れもよい。昔から地元の農家の人たちは好んで食べていたが、収穫が農繁期と重なるため、商品化は考えなかった。

詳細はこちら

白神ねぎラー油

白神ねぎラー油

【JAあきた白神(秋田県)】

 太くてボリューム感があり、柔らかい一方、シャキシャキとした歯ごたえのある「白神ねぎ」を使った「食べられるラー油」である。ネギの消費拡大に取り組むJAあきた白神と、同県産の食材を原料とした商品開発を手掛けている㈱フルゥールが協力して、ネギの刻み方を変えるなど試食を重ね、「白神ねぎ」らしい食味・食感を追求した。隠し味にフライドガーリックを加えた。

詳細はこちら

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ