今日のヘッドライン

[金融・共済] ニュース

組合員・利用者の役に立つJAバンクめざす-JAバンク全国大会

 農林中央金庫は2月21日、東京都内で第18回JAバンク全国大会を開いた。優れた業績を上げたJAなどを表彰するともに、2019年度からの新中期戦略の着実な実行を誓い合い、奥理事長は「組合員と地域の利用者の役に立とうという思いを持とう」と参加者に呼びかけた。 続きを読む…

<注目の情報>

【人事異動】JA全農 課長級(3月31日付、4月1日付)(2月15日発表)

飛躍する「くまもと農業」

自給率38% どうするのか?この国のかたち - 挑戦・地域と暮らしと命を守る農業協同組合

【緊急特集:TPP11 12月30日発効】まとめページ (1月8日更新!)

【JAの活動】 Z-GIS公式ウェブサイト開設!

信頼される人間関係を構築―DiSC研修

「2019年 新年の集い」 福引景品をご提供いただいた品

最新ニュース

一覧はこちら

金融・共済
組合員・利用者の役に立つJAバンクめざす-JAバンク全国大会(19.02.21)
コラム
【鈴木宣弘・食料・農業問題 本質と裏側】食と病気は不可分~農業と医療の連携強化(19.02.21)
JAの活動
【インタビュー・徳久剛史国立大学法人千葉大学学長】新たな「千葉農業」知と地の力で拓く(19.02.21)
コラム
【酒井惇一・昔の農村・今の世の中】第41回 「昭和は輝いていた」か(19.02.21)
農薬
葉面散布用肥料「タフプラント」シリーズ発売 アリスタ(19.02.21)
米・麦・大豆
米多収生産者を表彰 JA全農(19.02.21)
JAの活動
「博多なす」使い6次化商品販売 JAみなみ筑後(19.02.21)
農政
農林産物加工直売所周辺を活性化 意見求める 飯能市(19.02.21)
農政
19年度上期にピークアウトか 18~20年度経済見通し 農中総研(19.02.21)
農政
GIフォーラム・おきたま地酒サミット開催 JA山形おきたま(19.02.21)
JAの活動
拓け!地域・農業・未来 第65回JA全国青年大会開催(19.02.20)
コラム
【小松泰信・地方の眼力】自省無き失政は失政の母(19.02.20)
農薬
ウンカ剤ピラキサルトとの混合剤を販売開始 三井化学アグロ(19.02.20)

一覧はこちら

一品厳選

一覧はこちら

シロップ

シロップ

【JA東とくしま(徳島県)】

 徳島県には全国に誇る香酸柑橘のゆず、すだち、ゆこうの3つがある。その大半がJA東とくしま管内を産地とする。同JAはこれに、やはり管内の小松島市が産地の山ももを加え、4種類のシロップを作っている。「香りゆず、酸味すだち、味ゆこうと」とも言われ、特にゆこうは、ゆずやすだちにくらべて独特の甘味とまろやかさがあり、徳島県でもあまり作られていないので、「幻の果実」とも呼ばれる。

詳細はこちら

穂先タケノコ水煮

穂先タケノコ水煮

【JAふくおか八女(福岡県)】

 JAふくおか八女管内は、全国でも有数のタケノコ産地。普通、タケノコは春先に地中から掘り取るが、この穂先たけのこは、5月の連休明けころ、2mくらい伸びたタケノコの先端部分を収穫する。地中のタケノコに比べと、柔らかくて風味があり、歯切れもよい。昔から地元の農家の人たちは好んで食べていたが、収穫が農繁期と重なるため、商品化は考えなかった。

詳細はこちら

白神ねぎラー油

白神ねぎラー油

【JAあきた白神(秋田県)】

 太くてボリューム感があり、柔らかい一方、シャキシャキとした歯ごたえのある「白神ねぎ」を使った「食べられるラー油」である。ネギの消費拡大に取り組むJAあきた白神と、同県産の食材を原料とした商品開発を手掛けている㈱フルゥールが協力して、ネギの刻み方を変えるなど試食を重ね、「白神ねぎ」らしい食味・食感を追求した。隠し味にフライドガーリックを加えた。

詳細はこちら

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ