米・麦・大豆 ニュース詳細

2018.01.29 
「世界最高米」事業をスタート 東洋ライス一覧へ

 東洋ライス(株)(銀座本社:東京都中央区、雑賀慶二社長)は、2015年秋に「世界最高米」事業をスタートさせたが、このたび第3回目となる2018年の取り組みを開始した。

 「世界最高米」事業で最も重要となる原料玄米は、2017年12月に山形県真室川町で開かれた米・食味鑑定士主催の「第19回・食味分析鑑定コンクール:国際大会」において金賞を受賞した玄米の中から、同社独自の基準により厳選し、「世界最高米」の原料米に認定した。

(写真左から)東洋ライスの雜賀慶二社長、食味分析鑑定コンクール国際大会の総合部門で金賞受賞した6名の生産者(木島平米ブランド研究会の山嵜智之さん(長野県)、関家のこだわり米の関智晴さん(新潟県)、高山稲作友の会の平瀨寛之さん(岐阜県)、飛騨高山おいしいお米プロジェクト株式会社和仁農園の中西昇さん(岐阜県)、株式会社雪ほたかの小林仁志さん(群馬県)、真室川町こだわり米生産組合の小松栄富さん(山形県)と米・食味鑑定士協会の鈴木秀之会長

(写真左から)雜賀社長、総合部門で金賞を受賞した6名の生産者(山嵜智之さん、関智晴さん、平瀨寛之さん、中西昇さん、小林仁志さん、小松栄富さん)と米・食味鑑定士協会の鈴木会長

 
 選ばれたのは、長野県、新潟県、岐阜県、群馬県、山形県の各県産コシヒカリ玄米6品。同社では、一般価格の約8倍となる1kgあたり1900円で買い受けた。
 これらの原料玄米を同社では、独自の生命力選別、熟成、精米、ブレンド、無洗米の各技術を駆使して最高品位の「金芽米」に仕上げ、今年6月頃より、840g1万800円(税込)で販売する予定だ。
 昨年は、発売前から多くの予約があったが、確保した原料となる玄米量の関係から予約分のみの販売とし、それを完売した(国内:ネット販売及び三越日本橋本店の通信規格販売で400セット。海外:シンガポール100セット、香港50セットの計150セット)。
 なお今年は、上記の販売形態に加え、高級料亭での提供などに販売チャネルを広げ、昨年以上の販売量を計画している。
 この取り組みは、日本のコメに対する注目度向上と、価値向上を目指すものだが、同社では「世界最高米」をそのフラッグシップと位置づけ、その地位がさらに強固なものになるよう、取り組みを続けていく考えだ。
 同社の「世界最高米」の取り組みは、内外のメディアからも注目され、テレビ報道・番組をはじめ全国紙、雑誌、ネットニュースなどを通じ、数多くの媒体で報道・紹介された。
 「世界最高米」の取り組みは、日本の農業に必須であるブランディングの見本として、予想以上の役割を果たしているものと同社は考えている。

【総合部門で金賞受賞者】
○木島平米ブランド研究会 山嵜智之さん(長野県)
○関家のこだわり米 関智晴さん(新潟県)
○高山稲作友の会 平瀨寛之さん(岐阜県)
○飛騨高山おいしいお米プロジェクト (株)和仁農園 中西昇さん(岐阜県)
○(株)雪ほたか 小林仁志さん(群馬県)
○真室川町こだわり米生産組合 小松栄富さん(山形県)

 

(関連記事)
ANAファーストクラス機内食で金芽米を提供 東洋ライス(17.11.24)
肥飼料「米の精」提供で基本協定締結 東洋ライス・東都生協(17.09.04)
世界最高米ディナーを 東洋ライス(17.08.10)
JAしまね 金芽米で健康増進へ 東洋ライスと業務提携(17.04.20)
「世界最高米」の原料玄米 新たに5品認定 東洋ライス(17.01.31)
JA全農長野と東洋ライス「金芽米」などの輸出で連携強化 東洋ライス(16.09.01)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ