農薬 ニュース詳細

2017.03.07 
バイエルがJA全農と種子処理剤を共同開発一覧へ

 バイエル クロップサイエンス(株)(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ハーラルト プリンツ)は、JA全農と共同開発した種子処理剤「ルーチンFS」と「キラップシードFS」2剤の販売を、3月1日より開始した。

 「ルーチンFS」は、いもち病防除の有効成分イソチアニルを含有する水稲育苗箱・湛水直播水稲用の種子処理剤だ。イソチアニルは、既存の薬剤耐性イネいもち病菌に対しても有効で、浸透移行性に優れており、長い残効性を有している。
 「キラップシードFS」は、イネミズゾウムシ防除の有効成分エチプロールを配合する湛水直播水稲用の種子処理剤だ。エチプロールは浸透移行性に優れ、地上部だけでなく地下部にも分布することで、根部を食害するイネミズゾウムシの幼虫防除にも効果が高い。
 同剤は、いずれも播種前の種籾に直接処理することで、本田での薬剤防除と比較し、大幅な省力化が可能となる。また同剤を処理した鉄コーティング種子は、約6カ月間の保存が可能であるため、農閑期に処理することにより、多忙な春先の作業を軽減できる。
右から「ルーチンFS」「キラップシードFS」◎「ルーチンFS」概要
○適用作物:稲(箱育苗)・湛水直播水稲
○適用病名:いもち病
○希釈倍数:原液2倍
○使用時期:播種前

◎「キラップシードFS」概要
○適用作物:湛水直播水稲
○適用病害名:イネミズゾウムシ
○希釈倍数:原液1.5倍
○使用時期:播種前

 両剤とも使用方法は塗沫処理、吹きつけ処理。荷姿は同じく400ml×20本で、3月1日より販売を開始した。販売は共に商系ルートがバイエル クロップサイエンス(株)、系統ルートはクミアイ化学工業(株)が担当する。
(写真)右から「ルーチンFS」「キラップシードFS」

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ