農薬 ニュース詳細

2017.07.14 
『イッソウ1キロ粒剤』直播登録拡大 協友アグリ一覧へ

 水稲用中後期処理除草剤『イッソウ1キロ粒剤』は平成28年10月19日に登録を取得し、平成29年7月12日に「直播水稲」の登録拡大を取得した。登録拡大により、移植水稲・直播水稲で使用できる、使いやすい除草剤となった。

イッソウ1キロ粒剤 『イッソウ1キロ粒剤』は、ピラクロニル、モリネート、テフリルトリオンの3つの有効成分を含有している。3成分の相乗効果により、ノビエをはじめ、一年生雑草、多年生雑草、SU抵抗性雑草などの難防除雑草に対し、優れた効果を示す。
 直播水稲では、イネ1葉期からノビエ4.0葉期まで処理が可能で、幅広い処理適期巾を持っていることが、この剤の大きな特長だ。
 また、表面播種(鉄コーティングなど)、土中直播(カルパー粉衣など)とも使用可能であり、初期剤との体系処理をはじめ、直播での一発処理にも対応できるものと、同社は考えている。
 直播栽培の最重点課題の一つに、有効な除草方法の実現が挙げられるが、
『イッソウ1キロ粒剤』は、その課題を解決する可能性のある商品だと、同社は自負している。
 同社では、移植水稲場面に加え、直播場面での効果と安全性を確認してもらった上で、的確な普及・販売を行っていく方針だ。『イッソウ1キロ粒剤』は、JAをはじめ系統ルートで普及・販売される。

『イッソウ1キロ粒剤』商品概要
○有効成分:モリネート24.0%、ピラクロニル2.0%、テフリルトリオン3.0%
○適用表

<移植水稲>
▽適用雑草名
・水田一年生雑草及びマツバイ、ホタルイ、ヘラオモダカ、ウリカワ、ミズガヤツリ、オモダカ、クログワイ、ヒルムシロ
▽使用時期
・移植後10日~ノビエ4葉期、ただし移植後30日まで
▽使用量
・1kg/10a
▽使用回数
・1回
▽使用方法
・湛水散布又は無人ヘリコプターによる散布

<直播水稲>
▽適用雑草名
・水田一年生雑草及びマツバイ、ホタルイ、ウリカワ、ミズガヤツリ、ヒルムシロ
▽使用時期
・稲1葉期~ノビエ4葉期、ただし収穫90日まで
▽使用量
・1kg/10a
▽使用回数
・1回
▽使用方法
・湛水散布又は無人ヘリコプターによる散布。

(写真)水稲直播栽培でも優れた除草効果を発揮する『イッソウ1キロ粒剤』

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ