栽培技術 ニュース詳細

2017.02.07 
イチゴ 損傷・品質保持した輸出技術 農研機構一覧へ

 農研機構はこのほど、船便など長距離輸送の物理的損傷や品質低下を抑えるイチゴのパッケージ法を開発した。

写真提供: 農研機構 九州沖縄農業研究センター 贈答用などで用いられる伸縮性フィルム容器や宙吊り型容器とカット野菜などで使われるMA包装を併用することで、新たなイチゴのパッケージ法を開発した。伸縮性フィルム容器や宙吊り型容器で損傷を低減し、MA包装で鮮度や品質の低下を防ぐ。
 イチゴの輸出は年間408t(平成27年度)で、香港へ航空輸送する福岡県産のあまおうがほぼ占めている。
 このパッケージ法で、冷蔵コンテナを用いた船便で九州の産地からシンガポールまで輸出(陸上輸送が3日、海上輸送12日、検査などの日にちを合わせ計17日ほどかかる)した所、航空輸送並みの品質を保持したままイチゴの輸出ができた。
 これまでの輸出では平詰めトレーを使っており、新パッケージ法ではおよそ70%、損傷程度が低減できる。
 資材費用は、宙吊り型容器とMA包装、段ボールなどの資材でおよそ1パック100円。研究担当者は、「パッケージのラインなど、産地でどう組み込んでいくかが課題」と話す。
 今後、イチゴの輸出拡大や航空便から船便への転換で輸送コストの軽減に期待される。写真提供: 農研機構 九州沖縄農業研究センター
(写真)上は新パッケージ法、下は平積みトレーとの比較 (写真提供 農研機構 九州沖縄農業研究センター)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ