栽培技術 ニュース詳細

2017.07.31 
カメムシ類の発生が多い「病害虫発生予報第5号(水稲特集)」一覧へ

 農水省は7月26日に、向こう1か月の主要な病害虫の発生予察情報「病害虫発生予報第5号(水稲特集)」を発表した。

 斑点カメムシ類の発生が東北から九州の広範囲で多くなっており、これまでに13県から注意報が発表されている。特に移動性の高い飛翔性のアカスジカメムシとアカヒゲホソミドリカスミカメの発生が多くなっている。

水稲で各地の平均値より発生が「多い」「やや多い」と 予想される病害虫と地域

 その他の病害については以下の通り。

【イネいもち病(葉いもち)】
多くの地域で平年並みまたはやや少ない状況となっているが、北東北、北陸と近畿の一部地域ではやや多くなっている。東日本日本海側を中心に向こう1か月の降水量が多くなるおそれがあるので曇雨天が継続する場合には、本病に感染しやすい条件となり急激に発生する可能性がある。水田観察を行い、発生状況に応じて、適期に防除をと注意を喚起している。


【イネ紋枯病】
北陸、近畿、北九州の一部地域でやや多くなると予想されている。昨年に本病が多発した地域では、今年も多発するおそれがあるので注意が必要。高温多湿条件で発生が助長され、少しずつ病勢が進展するので、向こう1か月の気温が高いと予想されているので、今後の発生状況に注意して適期防除の実施を呼びかけている。

【セジロウンカ】
飛来および水田での発生が、中国、九州を中心に確認されているが、飛来量は平年に比べて少ない状況だという。

【トビイロウンカ】
北九州の一部地域でやや多くなると予想されている。すでに中国、九州を中心に飛来が確認されているので、水田見回り時に株元を注意深く観察し、成虫や幼虫を確認した場合は、適期に防除を実施するよう呼びかけている。

 このほか都道府県が発表した警報、注意報および特殊報は次の通り。

【警報】発表なし。

【注意報】
○7月13日
新潟県、石川県、岐阜県:水稲、斑点米カメムシ類
鳥取県:果樹全般、果樹カメムシ類
○7月14日
愛知県、山口県:水稲、斑点米カメムシ類
○7月19日
長野県:水稲、斑点米カメムシ類
○7月20日
山形県:水稲、斑点米カメムシ類
○7月25日
岩手県:水稲、斑点米カメムシ類

【特殊報】
○7月19日
京都府:ねぎ、チバクロバネキノコバエ
和歌山県:ミニトマト、ミツユビナミハダニ
○7月25日
埼玉県:ナス、ナス黒点根腐病

一覧はこちら

 

このページの先頭へ

このページの先頭へ