野菜・果物 ニュース詳細

2016.11.18 
カラフルさとイタリア野菜で差別化 トキタ種苗大利根研究農場オープンデー一覧へ

 トキタ種苗(株)は11月16日と17日、埼玉県加須市の創業99周年記念・同社大利根研究農場のオープンデー2016を開催した。イタリア野菜の影響か、年々来場者は増加。今回は2日間で生産者や流通関係者など3000人超の来場を見込んでいる。

ほ場を見学する来場者らほ場を見学する来場者らほ場を見学する来場者ら

 イタリア野菜やミニトマト「フラガール」、コマツナ「春のセンバツ」などのほ場と青果物が来場者に披露された。このほか各メーカーによる農業生産資材の展示や、スティックカリフラワー「カリフローレ」をはじめとする同社の品種の試食や直売が行われた。
 バレイショ「ピルカ」などの種イモもPR価格で販売され、「毎年これを楽しみにしている」という人で賑わった。また、くびれが特徴のミニトマト「フラガール」は、試食で「甘い」「おいしい」と評判になり初日に種袋が完売した。
 JA信州うえだやJA常陸、JAやまがた広域とまと部会などの生産者も来場。現在作付している作物の新品種を確認していた。
 ミニトマトを見ていたJA常陸の生産者は「直売所などで販売するときは赤いミニトマトだけでなく黄色なども混ぜて消費者の人が使いやすいように考慮している。カラフルさと甘さが気に入ったので、JAに取り寄せをお願いしようと思う」と品種名を同社社員に確認していた。同JAの別の生産者は「孫が農業を継ぎたいと言っている。現在柿を出荷しているが、ハウスも増やそうか検討している」と嬉しそうに話した。
 JAやまがた広域とまと部会の生産者はイタリア野菜について「他の作物との差別化につながるし、おもしろい。販売先を確保できるならばよいのでは」と話し、同社の品種は「カラフルで華やかだと思う」と述べた。
 今回初めて来場したという埼玉県の青果流通関係者は、「イタリア野菜は、毎日必要な野菜を販売しているスーパーでは特別にコーナーを設けたり、食べ方を紹介したりして認知を図る必要があると思う。パクチーが人気の今、ブームに火がつくと一気に周知されるのでは」と述べた。
 同社メディアシステム課の岩澤氏は「イタリア野菜のグストイタリアシリーズは、日本の野菜のひとつとなることがコンセプト。もちろん消費者の方々に認知していただけるまでPRを続けていく。野菜の消費を増やそうとしても既存の品種だけでは飽きてしまう。そこでわたしたちは新しい提案をしていきたい。賛同いただける農家の方と一緒にチャレンジしていきたい」と意気込みを語った。ミニトマト「フラガール」は容器にもこだわって付加価値を直売の賑わい購入する種子を選ぶ生産者
(写真上)ほ場を見学する来場者ら
(写真下)ミニトマト「フラガール」は容器にもこだわって付加価値を、直売の賑わい、購入する種子を選ぶ生産者

一覧はこちら

 

このページの先頭へ

このページの先頭へ