想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

持続化給付金周知へTACに説明会-JA山口県2020年5月25日

一覧へ

JA山口県は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受ける組合員への支援を強化するため、国の持続化給付金周知と相談対応を始めた。園芸・花き・畜産等や学校給食へ納品する組合員向けを支援できるよう、独自のパンフレットも作成した。

独自に作成したパンフレット独自に作成したパンフレット

5月19日に山口市でTACへの説明会を開いた。感染拡大を防ぐため、TACを中心とした訪問活動の中で持続化給付金等を周知し、組合員を支えていく。

学校休校や飲食店への休業要請で収入が減った組合員について、売上高、労働力、資金繰り、資材仕入れ等の状況を把握し課題を整理。持続化給付金の相談対応に資金対応や職業紹介等も加え、総合提案で影響緩和に力を入れる。

TACへの説明会では、相談への対応や給付金の申請方法を解説した。営農指導部の市村猛部長は、「問い合わせも増え影響が表面化してきた。不安を取り除くため、JAグループ山口として独自の支援策も提案していきたい」と語っている。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る