想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

Z-GISのサービスをグレードアップ、BASFのザルビオと来春連携ーJA全農2020年7月3日

一覧へ

JA全農は、独BASFデジタルファーミング社が開発した人工知能(AI)利用型栽培管理支援システム「ザルビオフィールドマネージャー」と、営農管理システム「Z-GIS」との連携を来年4月から開始する。

ザルビオとZ-GISとの連携ザルビオとZ-GISとの連携

ザルビオフィールドマネージャーは、2017年に海外でサービスを開始。20年には世界15か国300万ha以上で活用されている。

各ほ場の土壌や作物の品種特性、気象情報、人工衛星からの画像などをAIが解析し、作物の生育や病害・雑草の発生を予測、最適な防除時期や収穫時期などを提案するシステム。いつ、どのような作業が必要かほ場ごとに把握できるため、効率的な栽培管理計画を作ることが可能となる。

ザルビオフィールドマネージャーには、あらかじめ作物別の病害感受性、生育ステージ別の特徴、農薬登録情報・効能・推奨散布回数などがインプットされており、生産者がほ場の位置、作物の種類、過去の輪作、直近の防除履歴などを入力すると、AIが病害虫発生予想、最適な農薬散布次期、前回の防除効果期限などを自動解析する仕組み。

これにより、海外のほ場では農薬使用量の30%削減、気象被害の25%回避、耐性菌リスクの低減などが確認されている。入力情報はビッグデータとして蓄積され、今後の解析に役立てることもできる。

一方、Z-GISはインターネット上の電子地図とエクセルのワークシートを結びつけたGIS(地理情報システム)。土地所有者や作付け品目・品種、生産履歴などほ場に関する情報管理の効率化を図る狙いで、2018年4月にリリースした。


ザルビオフィールドマネージャーザルビオフィールドマネージャー

ザルビオフィールドマネージャーとの連携により、Z-GISですでに管理しているほ場ごとのデータをもとに、AIによる解析を通じた生育予測、施肥・防除、収穫適期などのアドバイスが実現する。

ザルビオフィールドマネージャーは、来春から水稲・大豆向けの導入を目指す。今年度は全国135か所での実証試験を行い、大規模生産者や公的試験場、JA、県連、全農がシステム機能を確認。システムの最大の特徴であるAIを、田植えなど日本の栽培方法に適した仕様とするため改良を進める。

ザルビオフィールドマネージャーは有償提供するが、「できるだけ使いやすい価格帯で提供したい」(JA全農)考え。JA全農はZ-GISを営農管理システムのプラットフォームと位置付け、ドローンやGPS(全地球測位システム)ナビ付トラクター、収量コンバインなどの農業機械、各種計測機器との連携も実施し、多くの生産者にグレードアップしたサービスを提供していく方針だ。

〈関連記事〉
【ZーGISって何?】

【ザルビオフィールドマネージャーに新機能導入 BASF】

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る