人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
JA全中中央①PC
日本曹達 231012 SP

「栃木とちおとめいちご」JR東日本クロスステーションとコラボ飲料新発売 JA全農2024年2月28日

一覧へ

JA全農は3月5日、JR東日本クロスステーションウォータービジネスカンパニーの『acuremade<アキュアメイド>』と『ニッポンエール』のWブランド商品として、栃木県産とちおとめ果汁を使った飲料「栃木とちおとめいちご」を発売する。

新発売の「栃木とちおとめいちご」新発売の「栃木とちおとめいちご」

「栃木とちおとめいちご」は、2023年3月に発売された第一弾「栃木とちおとめ苺」に続く第二弾商品となる。

全農栃木県本部が取り扱う令和5年産(令和4年10月~令和5年6月出荷分)イチゴの出荷実績は、全体で約2万1000トンが出荷され、その内、とちおとめは約1万3000トン。一方で、茎や葉に触れてできた傷や日の当たり方による色むら、不揃いな形で生果としては流通できないイチゴも生じるため、生果用ではなく加工用として活用することで、食品ロス削減につなげている。

新発売の「栃木とちおとめいちご」も加工用のイチゴから作られており、すっきりとした口当たりでバランスのとれたとちおとめの甘みと酸味を楽しめる。JR東日本クロスステーションのNewDaysや自動販売機を中心に販売。

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る