Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

保育施設への給食サービス「すくすくOisix」取り引き600施設を突破2021年7月6日

一覧へ

オイシックス・ラ・大地株式会社(東京都品川区)は、同社が運営する保育施設への給食関連サービス事業「すくすくOisix」が、6月22日に取引保育施設数が601施設となり、導入保育施設が600施設を突破し、食育サービスの利用施設が150施設を越えたことを発表した。

保育施設への給食サービス「すくすくOisix」取り引き600施設を突破「すくすくOisix」のメニュー例

「すくすくOisix」は、2015年7月に旧らでぃっしゅぼーやの事業としてスタートした、安心・安全な食材を保育施設に届けるサービス。保育施設専用の受発注システム「おまかせぼーや」を導入し、食材、必要人数、納品日を入力するだけで受発注を完了できる。

「おまかせぼーや」

保育施設では、園児への給食提供において栄養士や調理師の人材が十分に確保できず、現場スタッフが兼務で献立や調理を担い、業務負担が増えてしまう現状がある。また、給食の提供で手一杯になり、食育まで手が回りにくいなどの課題がある。同サービスは安心・安全な食材を届けるとともに、献立の作成や栄養相談、オリジナルの食育プログラムなどのサービスを提供することで、保育施設側の負担を軽くし、充実した施設運営と食を楽しめるサポートを行なっている。

これらのサービスには、多くの保育施設からニーズがあり、3月5日に取引施設数が500施設を突破してからも堅調に増加し、6月22日に600施設を突破。前年同期比では200施設増加し、6月時点で同サービスの食事を食べる園児は2万人に達した。

東京23区と首都圏の政令指定都市の6割の自治体では、保育施設の拡充やコロナ禍の影響なども重なり、4月の認可保育所の募集枠に対する入所申込者の倍率が1倍を切るなど定員割れが起きている自治体もある。こうした社会状況のなか、集客、顧客満足要素としての活用ニーズもあり「"Oisixを給食に使っている"と発信したい」という声も複数あり、同社は今後もサービスのニーズは高まると見込んでいる。

02:

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る