おきなわ50年バナーPC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

900箱が1時間20分で売り切れ 早生桃「日川白鳳」即売会が大好評 川西市2022年6月23日

一覧へ

兵庫県川西市は6月22日、アステ川西ぴぃぷぅ広場で、川西市特産の早生桃「日川白鳳(ひかわはくほう)」の即売会を開催。新型コロナウイルスの影響で3年ぶりに開かれた即売会には約600人が列を作り、桃は1時間20分で売り切れた。

3年ぶりに開かれ大盛況の「桃の即売会」(兵庫県川西市のアステ川西ぴぃぷぅ広場で)3年ぶりに開かれ大盛況の「桃の即売会」(兵庫県川西市のアステ川西ぴぃぷぅ広場で)

今年の桃は、収穫時期が例年より少し早く、雨が少なかったためやや小ぶりだが、昼夜の気温差で糖度の高い桃が収穫できているという。

「日川白鳳」の即売会は、川西市特産の桃を多くの人に味わってもらおうと、毎年この時期に行われ、この日は開始前から約400人が長蛇の列を作った。用意された桃の「日川白鳳」は、「大」6個入り(1200円)と「中」6個入り(1000円)の計約900箱を用意。午前10時から始まった即売会には計約600人が会場を訪れ、桃は1時間20分で完売した。

売り場には、川西観光プリンセスの眞野梨穂奈さんと福場莉帆さんも駆け付けて桃を販売。長蛇の列の先頭に並んでいた原田本子さんは「毎年、川西の桃の即売会が楽しみで買いに来ていた。今年は久しぶりの開催でとても嬉しい。家族で食べるのがとても楽しみ」と話していた。

川西市では、市内加茂地区などでは約40戸の農家が約4ヘクタールの畑で早生品種の「日川白鳳」などを栽培し、京阪神地域を中心に年間約60トンを出荷している。JA兵庫六甲の農産物直売所「四季の郷」や「川西南部直売所」のほか、スマイル阪神、市内・近隣のスーパーなどの店頭にも並ぶ。

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2022

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る