コラム 詳細

コラム:正義派の農政論

【森島 賢】

2017.04.03 
野党は統一農業政策を作れ一覧へ

 国有地の超廉価払下げ問題を、マスコミが連日のように書き立てている。
 大阪のド真ん中の国有地を、坪わずか5万円で払下げた、という問題である。政府は、これが妥当な価格だ、と言い張っている。だが、誰もが納得しない。
 一説によれば、実質的な売価は坪840円だったという。全国平均の農地価格(畑)は坪3000円だから、それと比べても遥かに安い。
 払下げ先は森友学園で、この学園では幼稚園児に教育勅語を暗唱させている。「…一旦緩急アレハ義勇公に奉シ以テ天壌無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ…」という天皇独裁を賛美する反民主主義的な教育勅語を、である。安倍晋三首相と同じ考えのようだ。首相夫人の昭恵氏は名誉校長をしていた。
 同じような事件が、明治初期にあった。北海道での開拓使官有物払下げ事件である。世論の反発を受けて中止したが、開拓使は辞任に追い込まれた。それだけでなく、この事件を契機にして、1881年の政変が起きた。それほどの大事件だった。
 ここで言いたいことは、森友学園事件の詳細ではない。野党がバラバラで政府を追求していることへの批判である。情報が共有されていない。
 このことは、農政問題の追及でも目立っている。

 農政問題で、各野党が切磋琢磨し、それぞれが独自性を発揮して政府を追及するのはいい。だが、他の野党を出し抜いて功名争そいをするのは見苦しい。それでは、攻撃力を充分に発揮できない。
 そうではなく、各野党が情報を共有しあって協議を重ね、一点に攻撃を集中すれば、攻撃力は格段に強くなるだろう。
 こうした協議を多方面で積み重ねた上で、野党の統一政策を作り上げ、次の総選挙で選挙協力をすれば、野党が再び政権を奪還することは、充分に可能だろう。
 選挙が間近かになってから、急いで政策協定を始めるのでは間に合わない。選挙のための互助会だ、という批判も免れない。

 農政分野で考えれば、野党の統一農業政策を作ることである。そのための協議を、今すぐにでも始め、早急に完成することである。
 政治の世界は、一寸先は闇だという。いつ衆議院が解散されるかもしれない。その時に備え、日常的な政治活動のなかで、現場で、現場の農業者も交えた協議を、今すぐに始めることである。
 野党が、そうした動きを見せるだけで、与党に激震が走るだろう。それだけで、理不尽な農業・農協攻撃を止めざるを得なくなるだろう。そうした実績を積み重ねた上で総選挙になだれ込めば、農村部での勝利は、間違いないだろう。

 野党の統一農業政策の根幹には、食糧安保を据えることになるだろう。これは、農業者の身勝手な主張ではない。食糧安保には、食糧の国内生産による安定供給と、食糧の安全性の確保という2つの側面がある。ともに全国民の重大な関心事であり、強い要求である。
 これを根幹にした野党の統一農政は、与党の農政とは真っ向から対立する鮮明な旗印になる。与党の市場原理主義農政は、食糧安保を犠牲にして目先の効率だけを追求している。これを全面的に否定する農政になる。対立点は明確である。だから国民は選択しやすくなる。

 この農政は、ガットの場で、当時の日本政府が主張した「主要食糧の国内自給」という要求に合致している。また、いまのWTOで主張している「各国農業の多様性の尊重」という要求にも合致している。
 隣りの韓国では農業者や消費者の団体が、食糧安保直接支払制度を要求し、大統領選挙の争点にしている。日本の野党も韓国から学んではどうか。

 野党には、この農政について、輝かしい成功経験がある。
 2009年の総選挙で、民主党が政権を奪ったが、このときの主な勝因は、農政での直接所得補償制度の提案だった。
 この農政は、食糧安保を目的にして、食糧自給率を50%に向上することを目指した。そして、それに貢献する老若男女の全ての農家に所得を補償する、というものだった。小規模農家も大規模農家も分けへだてなく、貢献度に応じて補償するものだった。だから、農業者の圧倒的な支持を得た。

 この政策は、今でもその輝きを失っていない。この政策を根幹に据えた野党統一農政の、早急な作成に期待したい。
 各野党に期待することは、食糧安保の目的を充分に意識した上で、現場での、および国会での協力の、日常的な積み重ねである。それを、次の総選挙での選挙協力の土台にすれば、今の1強政治を打破できるだろう。
 不当な農業・農協攻撃を打ち破るには、この道しかない。
(2017.04.03)

(前回 農家の皆さん 今晩は♪

(前々回 オランダの総選挙で弱者が勝った

(「正義派の農政論」に対するご意見・ご感想をお寄せください。コチラのお問い合わせフォームより、お願いいたします。)

一覧はこちら

 

このページの先頭へ

このページの先頭へ