左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCプレバソンSP

第1回Z-GIS・ザルビオWEBミーティングを開催 生産者に活用事例をインタビュー JA全農2023年7月13日

一覧へ

JA全農耕種総合対策部スマート農業推進課は、6月30日に「第1回Z-GIS・ザルビオWEBミーティング」をオンラインで開催した。同ミーティングでは、Z-GISとザルビオを実際に活用している生産者にオンラインでインタビューを行い、Z-GISのような営農管理システムをはじめとしたスマート農業を利用するメリットについて説明がなされた。また、ザルビオのステータス画面が新しくなったことも紹介された。

同ミーティングでは、JA全農耕種総合対策部スマート農業推進課の平野課長が開会のあいさつをオンラインで行い、「JA全農では今年度、Z-GISやザルビオをJAに利用してもらい、営農指導を効率化する『JA営農指導DX(デジタルトランスフォーメーション)』の提案を開始した。これにより、JA管内の生育状況の把握や、病害リスクの早期発見に役立つものと考えている。」と述べた。

続いて、AgVentureLabの田中氏が同ラボについて、2019年5月に設立され食と農と暮らしに関わる社会課題を解決するスタートアップ企業を支援していることを紹介した。また、「食、農、暮らしのサステナブルな未来を共創する」ことをテーマとしているアクセラレータープログラムを実施していること、毎年7~10社程度を採択して支援していることが併せて伝えられた。

WEBミーティングの内容は下記の通り。

◎生産者に聞く、Z-GIS・ザルビオを導入するメリット
同ミーティングでは、Z-GISやザルビオ活用したデータ駆動型のスマート農業に取り組んでいる生産者へのインタビューがオンラインにて行われた。生産者は、Z-GISはほ場をデジタルに表示することにより管理ほ場の地図を簡単に作成できること、Z-GISの機能である地図の色分けやラベル表示により品種ごとにほ場を見える化できることをメリットとして挙げた。さらに、Z-GISの地図は印刷して紙媒体としても扱えるため、JAとの営農相談のときにも役立つことを紹介した。

Z-GISで積算気温を表示Z-GISで積算気温を表示

ザルビオについては、生育ステージ予測機能を活用することにより的確なタイミングで収穫することができたことで、JA管内のうまい米グランプリで最高金賞を受賞できたことを実績として挙げた。さらに、直近の2~3年は従来の経験則に頼ったことで収穫が遅れてしまい米の胴割れが発生しやすかったが、昨年はザルビオの予測に合わせて収穫を行った結果、適期での収穫ができ品質を安定させることができたことも伝えられた。

生産者はインタビューの結びとして、担い手の高齢化や労働力不足といった日本の農業の問題に言及し、Z-GISによるデータでのほ場管理やザルビオのようなAI分析を活用することで、省力化や生産性の向上が図れることを強調した。

◎ザルビオの新しいステータスページ
ザルビオは6月のリリースによって、ステータスページが新しくなったことが紹介された。メリットとして、従来のザルビオではほ場をリストから選んで登録することしかできなかったが地図から簡単に選べるようになったことが挙げられた。続けて、ほ場名、生育ステージ、品種、作付日などがラベルで表示ができるようになったことにより見やすく表示できるようになったことが伝えられた。

第1回Z-GIS・ザルビオWEBミーティングを開催 生産者が活用事例をインタビューで紹介 JA全農_02.jpg

ザルビオの新しい画面

さらに、地力ムラを色で示す地力マップ、生育の度合いを色で示す生育マップは、従来だと1ほ場ずつしか見られなかったが、俯瞰的に見ることができるようになったこと、ほ場の検索やほ場を一括して選択できるようになったことも伝えられた。また、俯瞰的にほ場を見ることで、ほ場間の比較ができるようになったことも今回のリリースによる変更点として説明された。

最新の記事

ヤンマーSP

みどり戦略

クミアイ化学右カラムSP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る