人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
日本曹達 231012 PC
FMCプレバソンSP

23年米価格 前年産60kg+1432円 2月相対取引価格2024年3月21日

一覧へ

農林水産省は3月15日に2023年産米2月の相対取引価格と数量を公表した。

相対取引価格は全銘柄平均で前月より▲55円の60kg1万5303円となった。

出回りからの年産平均価格は前年産+1432円の同1万5276円となっている。

産地品種銘柄別の年産価格は前年産比99%~122%となり、ほぼすべてで前年産より上昇している。

販売数量は27万7000t
で前月比120%。前年比では76%となった。

23年産米の生産量は、主食用以外への作付け転換に加え猛暑の影響で前年産より9万t減少した。6月末の民間在庫量は180万tを下回る見込みで販売は前年に比べて進んでいる。

米穀機構が3月7日に公表した2月の米取引関係者への調査結果では主食用米も需給について向こう3か月の見通し判断DI値は1月にくらべて+5の72となり需給が締まるとの見方がさらに強まっている。米価についても1月にくらべて+4の66となり、上昇するとの見方が強まっている。ただ、実質賃金は物価上昇を下回っており、米の消費に与える影響も注視する必要があるとの見方も出ている。

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る