JAの活動 ニュース詳細

2017.11.21 
「バケツ稲」体験者1000万人超 来年1月から申し込み受付一覧へ

 JAグループが取り組んでいる「バケツ稲づくり」の体験者が1000万人を超える見込みだ。今回で30回目を迎えるバケツ稲づくりは、来年も「バケツ稲づくりセット」33万セット用意し、来年1月12日から教育機関、同3月12日から個人の申し込みの受付を始める。

小学校での取り組みのようす 「バケツ稲づくり」は、JAグループが「みんなのよい食プロジェクト」の一環として、次代を担う子どもたちに呼びかけている。バケツで、種まきから収穫、脱穀、そしてお米を炊いて食べるところまでの米づくりに挑戦してもらおうというもので、初心者でも簡単に体験できるのが特長。
 申し込みに応じ、栽培に必要なアイテムをまとめた「バケツ稲づくりセット」を、全国の小学校、幼稚園・保育園などの教育機関、あるいは個人に無償(送料無料)で届ける。総合的な学習の時間や社会科の食育教材として、日本の主食であるお米や、農業への関心と理解を深めることに役立てる。来年用意する33万セット分を合わせ、1000万セットを超える見込み。

○問い合わせ:バケツ稲づくり事務局
○TEL:03-6281-5822(平成30年1月19日までは(電)03-6281-1323へ)
○申し込み方法は下記リンクから
 お米づくりに挑戦(やってみよう!バケツ稲づくり)

 なお、「みんなのよい食プロジェクト」とは、JAグループが進める、心と体を支える食の大切さ、国産・地元農畜産物の豊かさ、それを生み出す農業の価値を伝え、国産・地元産農畜産物と日本の農業のファンになってもらおうという運動。

(写真)バケツで立派に育った稲

一覧はこちら

 

このページの先頭へ

このページの先頭へ