JAの活動 シリーズ詳細

シリーズ:ヒント&ピント ~JAの広報誌から~

2017.09.27 
訴えたい記事大胆に一覧へ

ヒント&ピント_JAあいち中央

 「これは是非とも読者に見てもらいたい」という記事は紙面も多く使い、大胆に組みたい。この視点で、農協協会に送っていただいているJAの広報誌の中から目についた記事をひろった。(「農業協同組合新聞」ではこの欄で、その月の良かった広報誌、目にとまった広報誌を隔週で紹介しています。貴JAの広報誌を寄贈していただければ幸いです)

◆「防災の日」に合わせ JAとぴあ浜松(とぴあ9月号)

seri1709270302.jpg この欄ですっかりお馴染みの広報誌だが、毎号、思い切りのよい大胆な誌面つくりには脱帽する。今回も特集「わが家と地域の地震防災」で、地震にたいする防災に関し、さまざまな情報を提供している。9月1日は大正12年(1923年)関東大震災が起こった日。それにちなんだ特集だ。見開きで倒壊した家屋の写真を載せ、全ページの4分の1にあたる8ページにわたって、自宅や危険な場所、避難経路などのチェックか所をイラスト入りで分かりやすく説明している。最後にJA共済の建物共済の重要性を、熊本地震の査定に行った人の声を借りて訴えているところが憎い。

 

◆イチジク日本一奪還 JAあいち中央(ACT9月号)

seri1709270303.jpg 表紙の写真から7面まで、こちらも全紙面の4分1をイチジクの情報で埋めている。もちろんJAあいち中央管内は、安城市、碧南市を中心に全国トップクラスのイチジク産地。とはいっても生産者の高齢化や後継者不足などで、最近は減少気味。そこで再度、日本一の産地を確保しようと、平成29年度から「JAあいち中央イチジクスクール」を開講した。組合員に限らず、イチジク栽培に意欲があれば受講できる。苗木から成木になるまで3年間、割り当てられたほ場で、実際に生産・販売する。紙面ではその受講生も登場し、意欲を紹介する。

 

◆全共出品の励ましに JA岩手ふるさと(岩手ふるさと8月号)

ヒント&ピント_岩手ふるさと この9月、宮城県で全国和牛能力共進会が開かれた。これはその前月の8月号で、出品牛を決める県の共進会だ。
 紙面では管内で全共に出品する10人のうち3人を紹介。それぞれ全共への意気込みを聞いている。青果物と比べ、丹精して育てた牛は生産者の思いが違う。全共で「私たちの食卓を支える和牛の魅力を再確認してみませんか」と、広報誌編集担当者の思いも伝わる。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ