食品流通 ニュース詳細

2017.11.07 
野菜11月の生育・価格は平年並み 農水省一覧へ

農水省は、東京中央卸売市に出荷される11月の野菜の生育状況と価格見通しについて主産地などから聞き取りを行い、その結果を公表した。

 この聞き取りによる主要野菜の状況は次の通り。


【根菜類】(ダイコン、ニンジン):
ダイコンの生育は平年並み。ニンジンは天候が良好に推移し肥大が良好で大型傾向に。価格はダイコンは平年並み。ニンジンは安値水準で推移。

【葉茎菜類】ハクサイ、キャベツなど):
ハクサイは生育期間を通じて良好だったが、10月中旬以降の降雨で平年並みに。価格は前半は安値水準で推移し、後半は平年並みに。キャベツ、レタスは生育は良好。価格は安値水準で推移。ホウレンソウ、ネギも生育は平年並み。価格も平年並みで推移。


【果菜類】(キュウリ、ナスなど):
キュウリ、ナス、トマト、ピーマンの生育は平年並み。価格も平年並みで推移。


【土物類】(バレイショ、サトイモ、タマネギ):
いずれも生育は平年並み。価格も平年並みで推移。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ