コラム 詳細

コラム:読書の楽しみ

【浅野純次 / 石橋湛山記念財団理事】

2018.03.18 
【読書の楽しみ】第24回一覧へ

◎中島岳志
『保守と立憲』
(スタンド・ブックス、1944円)

 保守とリベラルは相反すると考えられがちですが、本書が言うように本来の保守はそもそもリベラルであり、革新ほどリベラルのように新聞が書くのはおかしな話です。
 保守とは進歩に反対する後ろ向き勢力のように思いがちですが、そんなことはありません。本来の保守は人間の能力を過信することなく、自分が間違っていて相手が正しいのかもしれないと考える。そして歴史の分厚い流れ(ご都合主義の一時的歴史ではなく)にこそ学ぶべきであって、だから改革はゆっくりとしたものでなければならない、という立場に立つのだそうです。著者によれば。
 ということで安倍政権による解釈改憲や集団的自衛権のような立憲主義を否定する政治的立場を本書は徹底的に否定します。そして「リベラル保守」を称揚してやみません。
 では本来のリベラルとは。端的に言うと多数派が少数派の声に謙虚に耳を傾けることだとか。つまり寛容な立場ということです。多様化の時代にこれこそ重要な政治姿勢で、保革を問わずできないはずはない理屈です。
 リベラル保守を標榜して予想外の議席を獲得した立憲民主党の枝野幸男代表との対談も面白く、短い評論集なので読みやすい。大いに勉強になりました。

 

◎岡崎守恭
『自民党秘史』
(講談社現代新書、864円)

 表紙に田中角栄、金丸信、竹下登、中曽根康弘の写真が並び、帯に「あの頃の政治家たちは良くも悪くも器が違ったなぁ...」とあります。
 国会や議員会館だけでなく、東京の自宅(だから夫人がよく登場する)や地元、料亭やゴルフ場など、さまざまな場所における政治家の生態と発言をつづった本書は、ベテランジャーナリストの手になるだけあって、どの政治家も生き生きとしていて、エピソード一つひとつが実に面白い。
 欠点の多い彼らの人間性が政治を左右してきたことを知って嫌味がないのは、成長期だったことも影響しているのでしょうか。今、政治家の器が小さく感じられるのは社会、つまり選挙民の反映なのかもしれません。
 というよりも小選挙区制が政治家の幅を減らしてしまったのではないか。政治に多様性が失われていることはイコール政治の貧弱であるような気がしてなりません。一気に読める抜群の面白さですが同時に現下の政治を考えてみる良い材料になると感じました。
 
 

◎宮下奈都
『羊と鋼の森』
(文春文庫、702円)

 ピアノの調律師である感受性豊かな若者の成長物語です。鋼はピアノの弦のこと、その弦を叩くハンマーのフェルトは羊毛から作られ、「森」は、ピアノに使われている松の木の森に分け入っていくイメージだそうです。
 とはいえ調律はあくまで道具立て。先輩調律師たちはみな個性的だし、調律を依頼する双子の高校生姉妹が物語を引き締める。音と心を楽しむ小説と言っていいでしょう。
 主人公はクラシックにさほど興味がなく、ピアノは弾けず絶対音感もない。それが親近感を抱かせますし、思わせぶりなところのない静謐な筆致も好ましく、裏方である調律師が身近に感じられるようになりました。
 実はこの本、2016年に本屋大賞を受賞しています。つまり全国の書店員が「いちばん売りたい本」に選んだ本です。それが文庫化されたので、まだお読みでない方はこの機会にどうかと。映画化され6月に公開される予定だそうです。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ