米・麦・大豆 ニュース詳細

2017.11.10 
米消費拡大と健康増進で包括連携協定を締結 JAおおいがわ・東洋ライス一覧へ

 大井川農業協同組合(静岡県藤枝市・池谷薫組合長)と東洋ライス(株)(銀座本社:東京都中央区、雑賀慶二社長)は11月9日、米の消費拡大と地域住民の健康寿命延伸を目指し、包括連携協定を締結した。

東洋ライスとJAおおいがわ、包括連携協定を締結 東洋ライスは、独自の精米技術で糠の一部である「亜糊粉層」を残すことで、人間の自然免疫を活性化させる作用がある「金芽米」を開発し、販売している。
 一方、JAおおいがわでは、「くらしの豊かさの実現(地域住民の健康寿命)」、「生産者の農業所得向上」、「地域社会に貢献する事業と組織活動の積極的展開」を目標に掲げてきた。
 これらの達成に向けた具体策として、JAおおいがわでは東洋ライスと業務提携し、金芽米を軸とした取組みを開始することにしたものだ。
 その取組みの一つとして、JAおおいがわ管内で生産される「きぬむすめ」を対象に、本取組みに賛同する生産者と複数年契約を締結、金芽米専用の原料米として、生産者からの安定供給を図っていく。
 生産目標を平成29年度が45トン、30年度に200トン、31年度に400トンとする。平成31年度末には、JAおおいがわ管内において、金芽米製造のための精米工場建設に着工し、原料生産から加工・販売までの一貫した体系構築をより強固なものにすることで、農業所得の向上を図っていく。
 また包括連携協定では(1)「健康フォーラム」等のイベントを通じたコメの機能性に関する認知度向上、普及拡大に関する取り組みの強化、
(2)「高付加価値米研究会(本年5月立ち上げ)」による金芽米に適したコメの生産研究、が盛り込まれており、両者が一体となった取り組みにより、地域住民の健康寿命延伸を図っていく。
 平成30年度からの、コメの生産調整見直しにより、稲作生産の先行きが不透明ななか、薬食同源を実現した金芽米により、地産地消を促進するだけでなく、健康寿命伸ばすことに寄与することで、医療費の削減にも貢献できる。将来は「おおいがわ産米」の海外輸出も視野に入れている。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ