JAの活動 ニュース詳細

2017.05.08 
全農の店「いちごいちえ」オープン一覧へ

大手町で農業・農村に出会える

 JA全農は5月8日、東京・大手町の大手町カンファレンスセンターB1(JAビルB1)に新たなアンテナショップ「いちごいちえ」をオープンした。コンセプトは「大手町にいながらにして四季折々の農業・農村とであう場所」。各県とタイアップして旬の農産物やJAが創意工夫を凝らした加工品などを販売するだけでなく、店頭に並べた農産物の現地栽培風景と農業者の元気な姿、美しい農村を映像で提供するなど、ミュージアムやマルシェの臨場感を取り入れた都心と農村の交流の場づくりをめざす。

5月8日テープカットして「いちごいちえ」がグランドオープン。右からJA全農青果センター(株)の牧口正則代表取締役社長、JA全農の吉永正信代表理事専務、長崎県いちご部会の相川勲部会長、JA全農長崎県本部の廣瀬修本部長。 オープン第1週(5月8日から12日)は長崎県産地フェアを実施している。長崎県産イチゴ「ゆめのか」をはじめ、ビワ、ジャガイモ、アスパラガス、ニンジン、玉ネギ、大根など旬の野菜と果実を長崎から直送して販売する。
 テープカットに加わった長崎県いちご部会の相川勲部会長(63)は「東京ならではの店舗だと思いました。『ゆめのか』は色鮮やかな赤で甘味とほどよい酸味が特徴。水洗いせずそのまま食べて味わってほしいです」と話していた。同部会の生産者は1150名。販売促進に期待がかかる。
 売場には枝に付いたままのビワが展示されていたり産地の映像がビデオで流されたりなど産地の姿をPR。大根やニンジンなど野菜の袋にはQRコードがついており、スマホなどで産地の映像を見ることもできる。
 JA全農では長崎県を皮切りに各県本部などと連携し今後は2週間単位で全国の産地の旬の農産物を産地情報とともに提供していく予定だ。
売場には農業・農村の現場の臨場感を伝える工夫がある そのほか全国のJAの特産品を「JAオールスターズ」として選抜し常時販売する。今のところ7JA7品目だが「ダイヤの原石を探すように優れた加工品を選抜している」(JA全農)とのことで、今後もラインナップを充実させる。店頭には品物紹介カードも置きQRコードを使ってJAタウンから注文することもできる。
 そのほか「いちごいちえ」ギフトセットとして風呂敷に包んだ国産フルーツセットや、ヨーグルトギフト、10産地の銘柄米を2合ずつ詰め合わせた精米セットなども販売しており、大手町で農業、農村に触れてもらうと同時に、大手町のオフィス街にも積極的に売り込みを図るという。
(写真上から)
・5月8日テープカットして「いちごいちえ」がグランドオープン。右からJA全農青果センター(株)の牧口正則代表取締役社長、JA全農の吉永正信代表理事専務、長崎県いちご部会の相川勲部会長、JA全農長崎県本部の廣瀬修本部長。
・売場には農業・農村の現場の臨場感を伝える工夫がある

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ