JAの活動 ニュース詳細

2018.02.06 
イチゴ8ブランドが味を競う一覧へ

 JA全農は2月10日、東京都内で「2018年いちご主産9県合同物販フェア」を開催する。

合同物販フェアの様子(2017年) これはいちごの主産9県で構成される「いちご主産県情報交換会」主催による物販フェア。会場では、とちおとめ、あまおう、もういっこ、紅ほっぺ、さがほのか、ゆうべに、ゆめのか、いばらきキッスの8品種のブランドのうち、4品種を組み合わせた「いちご食べ比べアソートケース」を1500円(税込み)で販売する。また販売される品種の試食も行われる。開催概要は次の通り。

(写真)合同物販フェアの様子(2017年)

 
 
【開催概要】「いちご食べ比べアソートケース」のイメージ
○日時:2月10日(土)11時から17時まで
○場所:
 東京交通会館1階ピロティ
(東京都千代田区有楽町2-10-1)
○主催(いちご主産県情報交換会):
 JA静岡経済連、JAあいち経済連、
 JAさが、JA熊本経済連、
 JA全農みやぎ、JA全農とちぎ、
 JA全農いばらき、JA全農ふくれん、
 JA全農ながさき
○問い合わせ先:
 JA全農園芸部卸売市場課(事務局)
○TEL:03-6271-8198

(写真)「いちご食べ比べアソートケース」のイメージ

 

(関連記事)
フルーツサンド教室開催 JA全中など(18.02.05)
第47回日本農業大賞決まる 北海道の佐藤農場など7件が大賞に(18.02.01)
イチゴ生産はどこを目指すかでシンポ(18.01.09)
イチゴ苗病害虫防除装置を小型化 農研機構(17.12.14)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ