JAの活動 ニュース詳細

2018.04.27 
准組合員問題を討議 5月16日、JA人づくり研究会一覧へ

 全国のJA常勤役員らでつくる「JA人づくり研究会」は5月16日、東京都千代田区大手町のJAビルで第30回研究会を開き、JAの准組合員問題について報告と今後の対応策について意見交換を行う。

 研究会のテーマは「JAとして准組合員をめぐる諸問題に正面から向き合い、これまでの取り組みを総括し、今後の取り組みを考える」。すでに准組合員が正組合員を上回っているなかで、政府から准組合員のJA事業利用制限が提案されるなど、JAグループにとって、組織の根幹に関わる厳しい課題が突きつけられている。
 この問題を真剣に考え、先駆的な取り組みを展開するJAの報告をもとに議論し、今後の対応方策について考える。
 主な内容は次の通り。

▽課題提起=「人づくり研究会」副代表・仲野隆三氏
▽現場レポート=「准組合員をめぐる諸論点とJA現場の取り組み」広島大学助教・小林元氏
▽実践報告=神奈川県JAはだの専務理事・宮永均氏「准組合員をめぐる問題認識とJAにおける実践的取り組み」(都市近郊地帯のJAの実践報告)
▽同=JA京都にのくに専務理事・迫沼満寿氏(中山間農業地帯のJAの実践報告)
▽総合討議=「JAとして准組合員をめぐる諸問題に正面から向き合い、これまでの取り組みを総括し、今後の取り組みを考える」

 

○問い合わせ先(事務局):JA全中教育企画課
○TEL:03-6665-6260

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ