農政 ニュース詳細

2015.10.22 
【TPP】農産物、関税の現状維持品目は35%一覧へ

 農林水産省は10月21日、TPP交渉で関税撤廃の例外とされた443品目の内訳を公表した。

 TPP交渉では鉱工業品も含め9018品目のうち関税を残すことができた品目は443品目。そのすべてが農林水産物で2328品目のうち19%にあたる。関税撤廃率としては81%となるが、21日に農林水産省が公表したのはその443品目についての交渉結果の分類だ。
 それによると▽税率を削減したもの=116、▽関税割当の枠内税率を削減、または撤廃したものの枠外税率は維持したなど、一部について税率が維持米されたもの=11、▽麦、乳製品などのように関税割当枠を新たに設定し、税率は維持されたもの=160、▽税率が維持されたもの=156となっている。
 TPP交渉によって交渉以前と変わらず税率が維持されたのは156品目で関税を残す443品目の35%にとどまる。農林水産物2328品目に対してはわずか7%となった。


(関連記事)

【TPP】コメ、育児用調製品など15品目を関税撤廃 (15.10.21)

【TPP】重要5品目で174品目を関税撤廃  農水省 (2015.10.20)

【TPP】合意内容の検証働きかけー奥野全中会長 (2015.10.16

【TPP】JAしまねの萬代組合長「決議守れたか」と現場の声で迫る (2015.10.15

【緊急特集】TPP大筋合意―どうする日本の農業

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ