農政 ニュース詳細

2018.04.03 
需要267万9000tと微増 平成29でん粉年度の需給見通しで一覧へ

 農林水産省はこのほど、平成29年でん粉年度(30年10月~31年9月)の需給見通しを発表した。

 同省によると、同年度のでん粉需要量は、近年の需要動向などを総合的に勘案して、267万9000t(対前年比1.0%増、2万6000t)と見込んだ。用途ごとの需要量の見込みは次の通り。

平成29年でん粉年度の需要量の見通し

(表)平成29年でん粉年度の需要量の見通し
(表をクリックすると大きな画像が表示されます。)

 

 糖化製品の需要量は、175万8000t(同0.3%増、5000t増)、化工でん粉は33万6000t(同0.3%減、1000t減)、製紙用やビール用、片栗粉用などのその他は58万5000t(同3.7%増、2万1000t増)と見込んでいる。
 同省は「砂糖及びでん粉の価格調整に関する法律」により、でん粉に関して適切な価格調整を図るため、年2回でん粉の需給見通しを作成している。今後の需要量と供給量の見通しを示すことで生産者や製造事業者、実需者などの事業活動に供するのが目的。

平成29年でん粉年度の供給量の見通し(表)平成29年でん粉年度の供給量の見通し
(表をクリックすると大きな画像が表示されます。)

 
 糖化製品とは異性化糖、ぶどう糖、水あめなど。化工でん粉はでん粉に物理的、酵素的または化学的に化工を加えたでん粉のこと。

 

(関連記事)
【現地レポート・JA士幌町(北海道)】大手資本の搾取排し「農村ユートピア」創造(1)<JA士幌町の挑戦>(18.01.10)
【前半】焼き芋を武器に所得向上 JAなめがた(茨城県)(17.11.08)
持続可能な農業生産・経営づくりに貢献 JA全農28年度の事業(17.07.12)
TPP協定文と関連法案を閣議決定(16.03.08)
【解 説】TPP協定は日本農業にどう影響するのか?(1)(16.02.04)
米価下落で過去最高の補てん ナラシ対策515億円(15.06.08)

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ