食品流通 ニュース詳細

2016.11.28 
珍しいネギ食べ比べ ねぎサミットに28都県一覧へ

 地方ブランド品も含め、30近い全国のネギが集合した。11月26、27日東京都品川区の大井競馬場で「全国ねぎサミット2016」が開かれた。同競馬場にリニューアルオープンしたイベントスペース「UMILE SQUERE(ウマイルスクエア)」を記念して特別区競馬協会などが開いた。試食も兼ねた各展示ブースは、各地の自慢のネギを食べ比べる人で賑わった。

珍しいネギの試食で賑わった全国ねぎサミット    全国ねぎサミットは、ネギの魅力をPRし、国産ネギの消費拡大と地域の活性化を目的として、2010年から全国の主要ねぎ産地が集結し、毎年各産地持ち回りで開催されている。
 会場のウマイルスクエアには、28都県のブースが並び、それぞれ自慢のネギをPR。秋田県のJAあきた白神に隣接するJA全農のブースでは11月28日新発売の「サッポロ一番×全農 カップスター 秋田県産白神ねぎが入ったしょうゆラーメン」を販売。
 主に関西で食べられる兵庫県朝来市の「岩津ねぎ」は同県の生野銀山で働く人の冬の栄養源だった。市の担当者は「雪や霜にあたるほど旨みが増す。関東でもっと知ってもらいたい」とPRする。また東京都は1株から7、8本のネギが出る品種を展示し、来場者の関心を引いていた。
 サミットに参加した埼玉県深谷市の小島進市長は「埼玉のネギも、もとは千住ネギなど、江戸のネギで、東京でのサミットはネギの里帰りだ」と、東京での消費宣伝に手応えを感じていた。
(写真)珍しいネギの試食で賑わった全国ねぎサミット 
 

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ