栽培技術 ニュース詳細

2016.11.21 
品種育成者と生産者が交流 タキイ研究農場 秋期農場研修会一覧へ

 タキイ種苗(株)は11月17日、18日に「タキイ研究農場 秋期農場研修会」を滋賀県湖南市の研究農場で開いた。

説明に耳を傾ける生産者説明に耳を傾ける生産者ハボタンの染色剤でのカラーリング

 この研修会では、より生産者への情報提供を意識し新品種・推奨品種を中心にブリーダー(品種育成者)が、現物を見ながら各ほ場での説明会を実施した。来場者からは、直接質問ができ、日頃の不明点が解消できたと、好評であった。
 また高齢化する農業現場へ省力栽培や栽培機械収穫に向く品種、直売所での差別化が図れる品種などが注目を集めた。
 育種に力を入れるホウレンソウでは、あくが少なく、高糖度で良食味の秋冬どり品種やべと病レース1~12への抵抗性品種など、開発中の品種に注目が集まった。
 トマト黄化葉巻病耐病性品種は、大玉トマト「桃太ピース」の他、開発中の促成栽培向きで、秀品率が高く、長期どりに最適な品種や、ミニトマトでの耐病性品種などの展示も行った。
 2016年に新しく発表したハクサイ「ほまれの極み」は、生育旺盛で低温結球性にすぐれ、秋の遅まき・遅植えが可能で、長雨や台風後のまき直し・植え直しをねらえる。端境期の出荷を狙う生産者や直売所出荷の生産者に注目された。
 機能性成分を多く含む「ファイトリッチシリーズ」では、従来の秋まき品種に比べ、ケルセチンを約1.5倍多く含むタマネギ「ケルたま」などが紹介された。加熱すると甘味が増す特徴をPRしようと、「ケルたま」を使ったスープの試食もあった。
 花きのほ場では、2017年新発売予定のハボタン「フレア ホワイト」や、パンジー「ピカソ」シリーズやビオラ「フローラルパワー」シリーズなどの展示を行った。ハボタン「フレア ホワイト」は、中心部が綺麗な純白であり、外葉部を外した純白部だけの利用や、染色剤を用いたカラーリングも可能で用途が広がり、注目を集めた。
(写真)説明に耳を傾ける生産者、ハボタンの染色剤でのカラーリング

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ