栽培技術 ニュース詳細

2017.04.20 
東日本大震災から2か月の農地データベース 宮城県一覧へ

 宮城県はこのほど宮城県のホームページで「津波被災農地土壌データベース」を公開した。平成23年3月11日に発生した東日本大震災の津波で被災した農地土壌を、同年5月11日から19日にかけて調査したもの。宮城県農業・園芸総合研究所,古川農業試験場,東北大学大学院農学研究科が項目ごとに分担して分析した。

名取市の土壌採取地点の一つ(宮城県農業・園芸総合研究所ホームページから引用) 宮城県沿岸部344地点の広域土壌調査を行った。うち、石巻地域は石巻農業改良普及センターがこの調査より先に独自に分析したため点数が少なく、立ち入り制限区域やほ場が冠水している地点は実施しなかった。
 今回、各研究機関の分析データを1元化した。データベースでは、堆積物の種類や土壌分析値、堆積物中重金属の他、ほ場の写真なども掲載している。
 調査は震災発生から2か月後で、梅雨前に行われたため雨による影響などが最小限にとどめられている。今後はさらなるデータの解析などが可能となる。
 「津波被災農地土壌データベース」は宮城県のホームページでダウンロードできる。
(写真)名取市の土壌採取地点の一つ(宮城県農業・園芸総合研究所ホームページから引用)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ