農機・資材 ニュース詳細

2016.12.13 
「第7回ファーマーズ&キッズフェスタ2016」開催一覧へ

 12月10日、11日の両日、(公社)日本農業法人協会の主催で、快晴の日比谷公園において「第7回ファーマーズ&キッズフェスタ2016」が開催された。

大型トラクタと記念撮影ヰセキ木下社長と。全農も農産品を出展全農も農産品を出展

 このフェスタは、日本全国のプロ農業者が集い「子どもと農業をつなぐ架け橋」として、都会の子どもたちに元気なニッポン農業を発信するイベントで、今回で7回目の開催となる。農林中央金庫が特別協賛し、メインスポンサーとしてJA全農が参加した。
 JA全農は新鮮な農産物や農産品を展示販売し、JA共済は交通安全御守づくりコーナーなどを展開。終日親子連で賑わった。
 JAグループでは、JAバンク(農林中金)、JA共済ブース、JAひろば(JA全中)、JA全農ブースを回る「JAグループブース巡りスタンプラリー」を実施。スタンプを集めた子どもたちに抽選で有田焼のご飯茶碗など素敵な商品をプレゼントした。
 井関農機(株)もこのフェスタに制作協力し、都会では見る機会が少なくなった農業機械を展示し、日本の農業や農機の魅力を紹介した。
 今年は大型トラクタTJW120を展示し、トラクタとの記念写真付きカレンダーのプレゼントをはじめ、野菜苗の移植体験ができるワークショップや、ISEKI農業女子PJの取組みを紹介。農業女子とともに作ったトラクタ「しろプチ」、ミニ耕うん機「ちょこプチ」を展示紹介した。 
(写真)大型トラクタと記念撮影ヰセキ木下社長と。全農も農産品を出展

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ