農機・資材 ニュース詳細

2018.01.26 
台湾PlexBio社と感染症検査システムを共同開発 デンカ一覧へ

 デンカ(株)は、台湾のPlexBio社(以下PB社)と、感染症分野の課題の一つである病原体微生物同定・薬剤耐性遺伝子検査の迅速化を実現するシステム(機器・試薬等)の開発を共同で行うことで基本合意した。

 この共同開発は、敗血症等の感染患者の早期病態改善や、死亡率の低下、抗菌剤の適正使用による薬剤耐性菌対策に資する、画期的な製品の提供を目的としている。
 現在、敗血症等の微生物感染症が疑われる患者に対しては、血液・尿・喀痰・糞便などの検体を培養して、病原体微生物の有無や種類を検出し、抗菌剤が有効かどうか、を調べる検査が実施されている。
 この検査法は正確で非常に有効だが、検査結果を得るまでに通常2日以上の時間がかかる。そのため、より迅速に結果を得られる検査法として、遺伝子法を用いた病原体微生物同定・薬剤耐性遺伝子検査が注目されている。
 デンカグループでは、2016年9月に導入したPB社の同時多項目測定技術を用い、病原体微生物同定・薬剤耐性遺伝子検査法の研究を進めていたが、同分野での活用が可能であると認識し、併せて敗血症等の感染症測定に特化したシステムの開発が必須、とする認識から、PB社との協業強化・共同開発の決定に至ったものだ。
 デンカは2022年までの5か年の新経営計画、「Denka Value Up」に掲げる成長戦略「事業ポートフォリオの変革」において、スペシャリティ事業の成長加速化を重点施策のひとつに挙げ、経営資源の選択と集中を進めている。
 その一環として予防・早期診断の取り組みに加え、がん領域、遺伝子領域などにおける新規事業を推進し、ヘルスケア関連事業の拡大を図っている。デンカグループは同システムの開発を通じ、医療現場のニーズに応え、国際的な課題の解決に貢献していく考えだ。
 目標上市時期は2022年度で、病原体微生物同定・薬剤耐性遺伝子検査関連の目標売上規模は、上市から数年後に約20億~30億円としている。

 ○問い合わせ先:デンカ(株)CSR・広報室
 ○TEL:03-5290-5511まで。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ