農機・資材 ニュース詳細

2018.03.30 
低コストなマニュアルトラクターを導入 ヤンマーが「YT3シリーズ」に一覧へ

 ヤンマー(株)は、トラクター「YT3シリーズ」の機能や装備を見直し低価格を実現した「YT3シリーズ マニュアルシフト仕様(YT333/YT345)」を4月2日より順次追加発売する。

「YT345」マニュアルシフト仕様 「YT3シリーズ」は、高い作業効率と快適な居住性を両立した中小規模農家向けのトラクターで、特に高付加価値畑作物農家からの要望が多い仕上がり精度について大幅に改善した純正の新型ロータリーを採用している。
 今回、追加発売するマニュアルシフト仕様は、主に車速を固定して使用するロータリーによる耕うん作業や代かき作業を行う農家に向けたモデルで、使用環境や用途に合わせて導入コストを抑えることができる。

(写真)「YT345」マニュアルシフト仕様

 

「YT333」安全フレーム仕様 主な特長は以下の通り。
○主変速レバーと副変速レバーで、低・中速作業から高速作業まできめ細かな作業が可能。あぜ塗りなどの超低速での作業も安心して行えるクリープ速度も標準で装備。
○大きな絵文字と日本語表記による液晶アワメーターを採用(YT3無段変速仕様は絵文字のみ)。さらに作業によく使う自動機能はハンドル下部のワンタッチボタンで簡単に設定が可能となっている。

(写真)「YT333」安全フレーム仕様

 

デザインメーターパネル○キャビンが必要ない環境での使用には、よりコストパフォーマンスに優れた安全フレーム仕様を設定。屋外での作業には日よけ・雨よけ用のキャノピーもオプションで用意。使用環境や予算に応じて仕様を選ぶことができる。
○発売日:YT345 4月2日、YT333 5月1日
○価格:338万円~521万5000円(税抜、ロータリー別売、メーカー希望小売価格)

(写真)デザインメーターパネル

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ