左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

手軽に楽しめる花栽培キットを発売 サカタのタネ2015年7月14日

一覧へ

 サカタのタネは、園芸初心者でも気軽に花を育てられる栽培キット「タネッコピュア フラワー」を、2015年9月末から発売する。

栽培キット「タネッコピュア フラワー」 栽培キット「タネッコピュア フラワー」には、園芸用品などを準備しなくてもすぐに始められるように、あらかじめタネや土、容器など栽培に使う材料が総て入っており、ぬるま湯で土をもどし、タネを蒔くだけで簡単に栽培が楽しめる。
 またパッケージはハンギング(壁掛け)にもなるユニークな構造で、明るい窓辺やベランダなどで楽しむことができる。「タネッコピュア フラワー」は、縦79ミリメートル、横79ミリメートル、高さ69ミリメートルのPET製のパッケージと、直径75ミリメートル、高さ70ミリメートルのPE製のカラーポットの色も楽しむことができる。
 固形土はぬるま湯で膨らみ、10分程度でタネがまける状態になる。土には初期肥料が含まれているため、水を適宜与えるだけで約3-6か月で開花する。また培養土はピートモスが主成分のため、使用後は乾かしてから可燃ゴミとして捨てることもできる。
 花の種類はアリッサム、ハナビシソウ(カリフォルニアポピー)、カスミソウ(ピンク)、ナデシコ、ペチュニア、ラベンダーの6種類で、いずれも小さなポットでも育てやすい品種を選んでいる。
 同商品は園芸店や雑貨店ルートなどでの店頭販売のほか、ノベルティ商品としても展開する。パッケージの柄(4タイプ)やポットの色(12色)、タネの種類(6種類)を選ぶことができるセミオーダー式となっている。好みによりそれぞれを組み合わせることで、オリジナル性の高い商品に仕上げ、イベントで配布したり、プチギフトとしても利用できる。
 価格はオープンだが、実勢予想価格は350円程度になる見込み。同社は、タネと容器が一体となった手軽な栽培キットをシリーズ化しており、今後も園芸初心者層の開拓に積極的に取り組んでいく方針だ。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る