金融・共済 ニュース詳細

2017.03.23 
ブース売上を交通遺児を支える会に寄付 共栄火災海上保険一覧へ

福岡市のマラソンイベントに協賛

 共栄火災海上保険(株)は3月19日、福岡県福岡市で開催された市民マラソンイベント「海の中道はるかぜマラソン大会」に特別協賛した。同社が出店したブースの売上金4万3000円は全額を福岡市にある(公社)福岡県交通遺児を支える会への寄付を予定している。

ブースでチャリティ販売交通安全適性診断に挑戦する参加子どもに人気の同社キャラクター「サイ吉」

 マラソン大会は開催30回目、共栄火災海上保険(株)の協賛は今年で21年目だった。現在は地元で「共栄火災スポーツフェスタ」としても定着している。
 当日は福岡県を中心に全国から約4000人のランナーが参加。青天に恵まれたコースを楽しんだ。
 同社のブースには九州支店の社員を中心に25人がスタッフとして参加。キャラクターバルーンのチャリティ販売やアクセスチェッカー・ミニ(可搬式機器安全運転適性診断)による運転適性診断サービスを提供した。
 キャラクターバルーンの売り上げは4万3000円で、全額を福岡市の(公社)福岡県交通遺児を支える会に寄付する予定となっている。
(写真左から)ブースでチャリティ販売、交通安全適性診断に挑戦する参加者、子どもに人気の同社キャラクター「サイ吉」

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ