肉・卵・乳製品 ニュース詳細

2016.12.22 
田んぼ発! 米育ち畜産物に統一ロゴマーク 養豚協会一覧へ

(一社)日本養豚協会(JPPA)は消費者に飼料用米を給与した畜産物(豚肉と鶏卵)を知ってもらうための統一ロゴマークを策定したと12月21日に発表した。

nous1612220601.jpg ロゴマークは一般公募を実施し同協会の検討会委員の採点で東京都武蔵野市のデザイナー、寄國聡氏の作品が選定された。 JPPAは今年度、飼料用米の普及拡大と飼料用米を給与し育てた畜産物のブランド化推進事業(補助事業)を実施している。この事業は国産飼料用米を単に輸入トウモロコシの代替として活用するだけでなく、畜産物の付加価値向上の取り組みを全国に広げ、地域で生産された飼料用米の取引価格向上を目的としている。
 同協会はこうした取り組みを消費者にアピールし「米で育った畜産物」を応援するため生産者に統一ロゴマークを活用してほしいとしている。 そのため「国産飼料用米を給与した畜産物マーク利用許諾要領」を作成し、JPPAのホームページに掲載している。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ