JAの活動 ニュース詳細

2016.01.20 
参加者からのエール飛び交う! 第61回JA全国女性大会一覧へ

 JA全国女性組織協議会は1月19日、20日に東京都内で第61回JA全国女性大会を開いた。JA女性組織3か年計画を決議した他、ジャーナリストの堤未果さんによる講演などが行われた。また森山農林水産大臣が駆けつけ祝辞を述べた。

挨拶する鈴木会長挨拶する鈴木会長 JA女性組織活動体験発表の入賞者6人と「咲き誇れ!フレミズ活動"わたしの一歩"」作文コンクールの入賞者8人の表彰式と朗読が行われ、参加したJA女性組織メンバーなど600人による応援や笑いが起きる活気あふれた大会となった。また昨年10月に行われたフレッシュミズ全国集会の報告を実行委員が行い、グループワークで考えた米のレシピ集や「食の魅力を伝えていく」などのフレミズの総意を話した。
 主催者挨拶でJA全国女性組織協議会鈴木春美会長は、昨年のJA全国大会がTPP大筋合意などJAグループとして大きな転換が迫られた情勢の中で開かれたことに触れ、「私たちは生産者として安心安全な農畜産物をつくり、消費者として母として、安心安全をそれぞれの地域から積極的に発信していきましょう」と語った。
朗読を行う入賞者にエールを送るメンバーら 駆けつけた森山農林水産大臣はTPP大筋合意を受けた政府の対応策について全国で説明会を開いていると話した。また自身が鹿児島県の農家で育った経験や日本の食料事情が変化したことについて触れ、「国民に食を供給することほど大切なことはない」。今後農林水産省として「地域政策と産業政策を車の両輪として」で仕事をすることが大事だとし、「農業を成長産業化させるという産業政策」を行う一方で「多面的機能を持つ中山間地対策も地域政策としてしっかりやっていく。この2つがあいまって初めて、日本の成長がある」と話した。
 会場には、国連がテーマに定めた「国際土壌年」を記念したJA都道府県女性組織によるソイルキルト(土で染めた布)の日本地図などが展示された。

JA女性組織活動体験発表入賞者、「咲き誇れ!フレミズ活動


 今回決議されたJA女性組織3か年計画の内容については既報で確認できる。

(写真)祝辞を述べる森山農林水産大臣、挨拶する鈴木会長、、朗読を行う入賞者にエールを送るメンバーらJA女性組織活動体験発表入賞者、「咲き誇れ!フレミズ活動"わたしの一歩"」作文コンクールの入賞者

(関連記事)

[JAの活動] JA全国女性大会特集2016

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ