農政 ニュース詳細

2017.10.12 
世界かんがい施設遺産に4施設を登録一覧へ

 国際かんがい排水委員会(ICID)は10月10日に開催された国際執行理事会で、日本の4施設を世界かんがい施設遺産として登録することを決定した。

 登録されたのは「土淵堰」(青森県弘前市、つがる市、藤崎町、板柳町、鶴田町)、「那須疎水」(栃木県那須塩原市)、「松原用水・牟呂用水(愛知県豊橋市、豊川市、新城市)、「小田井用水路」(和歌山県橋本市、かつらぎ町、紀の川市、岩出市)。
 世界かんがい施設遺産は、灌漑の歴史と発展を明らかにして理解を広めるとともに、施設の適切な保全のために国際かんがい排水委員会が(本部:インド ニューデリー)認定登録する制度で平成26年度に創設された。これまでに世界で47施設が登録されているが、日本は香川県の満濃池や愛知県の明治用水など27施設が登録され世界でもっとも多い。次いで中国が10施設、エジプト、韓国、タイ、スリランカがそれぞれ2施設などとなっている。
 国際かんがい排水委員会は1950年に設立。かんがい排水に関する科学的、技術的知見により、食料や繊維の供給を世界規模で強化することを目的にした自発的非営利・非政府機関。日本は1951年に加盟。現在、76の国・地域が加盟している。
 日本からの申請は、ICID国内委員会(委員長:佐藤洋平東大名誉教授、事務局:農林水産省農村振興局)が行う。建設から100年以上が経過し、灌漑農業の画期的な発展、食料増産、農家経済の改善などへの貢献や環境配慮の規範となる設計などの基準で審査される。

登録施設URL
http://www.maff.go.jp/j/nousin/kaigai/ICID/his/his.html

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ