農政 シリーズ詳細

シリーズ:日本農業とともに

2016.08.09 
農業は世界でもっとも大切な仕事 (下) BASF農薬事業本部プレジデント マルクス ヘルド一覧へ

生産効率の向上で農産物生産に貢献
持続可能性のある農業が大事
マルクス ヘルド Markus Heldt
BASF農薬事業本部プレジデント

◆抵抗性などの課題に応える研究開発

 ――農薬に対する抵抗性害虫や雑草とか耐性菌とかが、生産現場では大きな問題になってきていますが、これについてはどういう対応を考えていますか?

 抵抗性の問題は、農薬を研究開発している企業としては常に関心をもって当然の問題です。母なる大地は、必ずそういう動きをするものですから...。
 こういう問題に対してどういう戦略をとっているかといいますと、抵抗性の問題がどのように出てきているかをできる限り早期に特定し、それに基づいて研究開発活動を行っています。
 そのことと同じように重要なのが、私どもの製品を適切に使用していただくことと、過剰に使用されないようにしていくことです。
 そして、新規性があり新しい作用機作を持っている製品を開発し、それを既存の製品とうまく組み合せ、ローテンション使用していただくことで、抵抗性問題にきちんと対応できるようにしていくことだと思います。

 ――同じ製品を使い続けるのではなく、いくつかの製品をローテーション使用することですね。

 それが大事ですね。

 ――温暖化や異常気象も農業にとっては大きな問題ですね。

 これは農業にとって、リスクであると同時にチャンスでもあるという両面があると思います。
 リスクは、異常気象現象が増え、干ばつやゲリラ豪雨が起こるからです。一方チャンスというのは、長期的に見た場合、生産性の向上や強化につながりうるからです。


◆農業をしていることに誇りを

 ――農業の大切さがもっともっと社会的に認知されるべきだと私たちは考えていますが...。

 世界中の多くの場所で生産者の皆さんが難しい局面におかれています。それは、農業生産者の方々が何をしてきたのかを社会がきちんと理解していないからです。今後は、今まで以上にバリューチェーン全体のいろいろなパートナーと対話をしていかなければならないと思っています。その中で、今日が農業にとっていままでで一番優れた状況にあり、もっとも低いコストでもっとも質の高い農産物が生産されていることをしっかり発信したいと考えています。
 そのうえで、将来に向けての重要な柱になるのが、農業の透明性をさらに高めることと、持続可能性のある農業です。
 持続可能性ある農業は、地球の将来に絶対必要なことだとBASFは考えていますが、それは3つの柱で構成されているといえます。
 それは、経済性、エコロジーそして社会性です。その相互のバランスをとることが必要で、それを測定するツール「AgBalance(TM)(アグバランス)」を開発し、すでに国際的第三者機関からも認証されています。

 ――最後に日本の農業生産者へのメッセージをお願いします。

 農産物の価格ばかりが注目され、農業生産の場でどのような努力があるのかを多くの消費者は理解していません。
 農業生産者の方々は当然、農業をしていることに誇りを持つべきですし、生産者の方々が一所懸命働いていることが、社会的に十分に認知されるべきだと思います。私たちもそれをサポートしていきます。

 ――ありがとうございました。

・農業は世界でもっとも大切な仕事  (上) (下)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ